伊香保温泉に泊まった翌日、行き当たりばったりで「伊香保グリーン牧場」と「榛東ワイナリー」に寄った後、そろそろランチ場所を決めなくてはならないが、ネット検索では気が利いた店が見つからない。
その辺の在り来たりなファミレスでもいいか、と思い始めたころ、見つかったのが「ロックハート城」という名のテーマパークで、レストランもあるらしい。場所は小野子三山と子持山の間を北へ抜けた高山村。高原の雰囲気で、途中には「県立ぐんま天文台」もある。
入口にはそれなりに車が停まっている。入場料は1,100円。坂を登ると、古風なお城が現れる。実際にスコットランドから態々移築したシロモノだそうで、何処かの「なんちゃって城」とは重厚感が違う。ここは「翔んで埼玉」を始め、様々な映画、テレビドラマのロケ地として使われているとのこと。
城の向かい側にレストラン「ビッグハート」があったので入ってみた。かなり広い店内だが先客はゼロ、後から若者女子グループがやってきたら急に煩くなった。ピルスナー・ウルケルを呑みながら、ピザを摘まんだ。まずまずの味。
窓から見える城の前には、ドレスやタキシードを着飾った若い男女数人がいて、城を背景にして写真を撮り合っている。若者ばかりかと思っていたら、小生よりもご年配と見受けられる淑女も、孫にせがまれたのかそれとも孫をダシに使ったのか、マリー・アントワネットもかくや、という感じの肩出しドレスを着てはしゃいでいる。
HPによれば「プリンセス体験」という企画があって、ドレスレンタルは2,500円、写真代は1枚1,300円とのこと。旧軽井沢にある写真館の催しと似ている。それにしても、絵本の中のヒロインになった気分なんだろうなあ、見ている方がちょっと恥ずかしい。

DSC_0164

DSC_0165

DSC_0167

DSC_0168

DSC_0169

DSC_0170

DSC_0171

DSC_0172