塩山駅から17時5分発の「ホリデー快速ビューやまなし号」に乗り込み、高尾駅まで移動。塩山から乗ると、結構混んでいることが多いこの電車だが、今日は2階席はそれなりに乗っていた程度で、1階席はガラガラだった。これも新型コロナの影響かも知れない。
ウィズコロナの世界では、山へのアプローチは自家用車だとリスクが小さいのに対して、我々公共交通機関利用派はやや割を食っている状況。基本的には3密を避け、無駄な会話も控え、吊革やハンドレール、ドア把手等、人が頻繁に触る可能性がある場所は触らないか、触っても直ぐにアルコールジェルで除菌するかに意識すれば、まあ何とかリスクは下げられるか。そもそも面倒なことは嫌いだが、嫌っていると家から出られない(山に登れない)ので、ここは我慢するしかない。因果な世界だ。
皆はワクチンが出来るまでの辛抱と云うが、インフルエンザワクチン開発には何十年もかかった訳だし、しかも未だに毎年、当たるも八卦当たらぬも八卦的な混合ワクチンを打ち続けてきて、漸くこの頃特効薬的なものが出てきたことを考えれば、いったい新型コロナワクチン&治療薬が普及するのはいつのことになるやら、まして特効薬的なものとなると、それが出て来るより、我々がお陀仏する方が早いのではないかと思うのは真っ当な見方だろう。ならば暫定的な辛抱では無く、恒久的な辛抱と考える方が当たっていないか。閑話休題。
塩山駅のKIOSKで仕入れた「七賢」をちびちびやっているうちに、高尾駅到着。今日の締めは高尾駅界隈と決めてある。目先を変えて、人の入りが少なそうな(失礼!)インド・ネパール料理の店にしてみた。その「ムナル」という店のインド人ウェイターは、とても日本語が達者だしお勧め上手。偶にはインドビールを呑みながらモモを頬張るのも悪くない。

DSC04459

DSC_0074

DSC_0075

DSC_0077

DSC04461

DSC04462

DSC04463

DSC04464

DSC04465

DSC04466