今回の山行は柳沢峠からスタートして柳沢ノ頭、高芝山、小倉山を登り、ザゼンソウ群生地経由で、 "98wines" ワイナリーに寄ってみようという、ちょっと欲張りなプラン。少々距離はあるが、基本的に下り基調なので何とかなるだろうと踏んで計画してみた(山行記録はこちら)。昨今、甲州には新進のワイナリーが増えているが、 "98wines" もその一つで、気になっていた。
ところが当日は朝から春のなごり雪で、結局、山から下りるまで降り続いた。何故だか柳沢峠に来ると天気が悪い巡り合わせが目立つ。高芝山までは踏み跡ははっきりしていたが、その後は降雪が多くなってきたこともあり、踏み跡が途絶えがち。でも尾根を外さなければ問題は無い。高芝山西峰の登りと下りはかなり急傾斜だった。
送電線を通過すると防火帯を辿るようになる。本来は見通しは利くし歩き易いはずだが、踏み跡は隠されて追えず、雪がこんもり積もった低木と小さな岩が累々としていて我々を惑わす。足元は風化した砂礫なので、うっかり斜面に足を置くと積もった雪ごとズリっと滑るのが甚だ迷惑だ。そんな状況は上条峠まで我慢しなければならない。
最後のピークの小倉山には木製櫓式の展望台があるが、今日は全く眺望が無い。小さな沢に沿って下り始めると、何故かここだけにザゼンソウが群生している不思議な光景が見られる。ここまで来れば"98wines"はもう目の前。
勇んで行ってみると、個性的な建物。甲府盆地の眺めが佳し。ところが出てきた女性曰く、もうワインは全て売り切れていると。当然、試飲も出来ない。落胆。生産量がまだ少ないせいなのだろう。次回はタイミングを計らって、そしてもちろん事前に確認してからリベンジしてみたい。

DSC_0030

DSC_0032

DSC_0037

DSC_0044

DSC_0050

DSC_0056

DSC_0061

DSC_0064

44 98winesは営業していなかった。残念!

45 あの椅子に座ってみたかった。

46 甲府盆地を見下ろす椅子。

47 建物は新しい。

48 いつリベンジができるだろうか。