「坂の上のそば屋 司」で美味い酒と肴を堪能したあと、東海道線に乗って帰る途中、3人で川崎で途中下車してちょっと寄り道。
川崎には2005年から2年ほど仕事で通っていたこともあり、ランチの店や居酒屋などいくつか入ったことがある。その中には今でも営業している店もある。気に入った店なのにその後機会が無く、未だに1回しか入ったことがない店がある。JR川崎駅と京急川崎駅の間にある大衆酒場「丸大ホール」がそれ。
大宮だったら「いづみや」のような、オヤジ労働者及びギャンブラー(川崎には競輪場と競馬場がある)御用達の店で、なんと朝の8時半からやっている。川崎勤務中は、同僚は皆育ちが良いのかそのような店には近づかない者ばかりで、恐る恐る独りで入ってみて気に入り、しかしその直後、勤務地が変わってしまいそのままになっていたのだった。
2年前にも寄ってみたのだが休みだったので、今回もせっかくの機会だからと寄ってみたところ、なんとやはり休み。よくよく見れば土曜日は休みとの貼紙が。こりゃ迂闊だった。でも「いづみや」だったら土日でもやっているのに、と云っても始まらぬ。何とか次は日曜日に来てみるしかない。
ここで残念、と帰るのも勿体ないので、最寄りで且つ入ったことがある「魚炉魚炉」を覗いてみると、丁度空いているようなので入店。前回も「丸大ホール」を振られた後に来たので、やはりこちらも2年ぶりとなった。
ここは新鮮な魚と美味い日本酒が特徴の店。店内が明るい雰囲気でちょっとオシャレなせいか、若い女子客も多い。それに釣られて若い男子も多いので、我々は少数派である。接客も申し分ないので、またここを目当てに来てもいい店だ。それにしても山の帰りに川崎に寄るプランはなかなか難題だ。

DSC04379

DSC04380

DSC04381

DSC04382

DSC04383

DSC04384