2015年からスタートしたWoodyさんプロデュースの三浦半島の山旅は、もう今年で6回目。さらに2018年から、すき焼きランチが恒例となってから3回目となる。今回は逗子駅をスタートして森戸川を遡り、源頭の乳頭山に登ったら安針塚まで辿って、塚山公園で横須賀の港を見下ろしながらのすき焼きランチという、Woodyさん渾身のプランだ(山行記録はこちら)。
森戸川を遡るのは、それこそ2015年の初回以来。林道終点まで辿った後は更に沢沿いに進み、右岸の尾根に上がるつもりだったのだが、何気なく登っていくうちに左岸尾根に上がってしまったので、そのまま乳頭山へ向かった。
森戸川流域は三浦半島でも一番ワイルドな雰囲気を保ったエリアと思われ、冬でも意外に緑が豊富で楽しめる。尾根に上がればタイワンリスの食痕が至る所で見られ(実際にタイワンリスに遭遇することはなかなか無いが)、他の山域では無い雰囲気がある。森戸川右岸尾根はまた、次回の宿題となったし、森戸川をとことん、乳頭山まで詰めるルートもあるようなので、まだまだ森戸川を楽しめると思う。
乳頭山から米軍や海上自衛隊の艦船を眺めた後は、畠山に寄りみちしてから横浜横須賀道路を潜り、安針塚まで登り返す。2年ぶりの塚山公園。天気は悪くないのに、今日も殆ど公園を散策する客はおらず、高台にあるベンチの一角を遠慮なく占領して、すき焼きランチの準備をする。
銘々に持ち寄った食材を取り出し、すき焼き開始。赤ワインも揃っている。頃合い良しで、皆揃って「いただきます」とスタート(Woodyさんは待ちきれずにフライング)。天気は良いし、牛肉もネギもしらたきも美味いし、ワインも美味い。アウトドアで喰うすき焼きは、すっかり病み付きになったがどうにも止められぬ。また来年もWoodyさんの企画に期待したい。

DSC_1809

DSC_1811

DSC_1815

DSCF1038

DSCF1043

DSCF1045

DSCF1051

DSC_1818

DSC_1821

DSC04345

DSC04346

DSC04348

DSC04349

DSC04351

DSC04352

DSC04353

DSC04354

DSC04355

DSC04359

DSC04357

DSC04358

DSC04360