いつも「秋山温泉」の送迎バスは、我々にとって間の悪い時間帯に発着するので、今日もタクシーを呼んで上野原駅北口の「一福食堂」へ向かう。道中、タクシーの運転手が我々より以前に乗った客のこととして、行先を「上野原駅」と告げた後、暫くして「一福食堂」と付け加えることの善悪についてひとくさり話していたが、何を云っているのか良く判らなかった。
単に「上野原駅」だと南口へ向かうことになるが、「一福食堂」だと北口なので経路が変わるのは確か。「上野原駅南口」へ向かっていたあと、到着直前になってから「一福食堂」と云うと運転手は戸惑うかも知れないが、それでもメーターを倒したままだったらその分余計に料金が掛かる訳で、その分、儲かるだろうし。結局、運転手の云い分は聞き流した形で「一福食堂」に入った。
今回は「一福食堂」がメインディッシュなので、山と温泉は、前菜とかサラダのようなもの。なおちゃんに予約を入れて貰っていたので、今日も2階へ通される(この頃、1階で一杯やることがすっかり無くなった)。他にも予約が入っているようで、若女将に「狭くてすみませんね」と一番手前の部屋に案内される。確かにこじんまりしているが、かえって居心地がいいかも知れない。
先ずは駆け付けビール(大瓶580円)と餃子(440円)を注文。そのあと、メニューをひと通り眺めてから、部屋のインターフォンで牡蠣のソテー(???円)、バジルかつ(700円)、モツ煮(550円)、いか刺(480円)を注文。ここの牡蠣は大ぶりでプリプリ。牡蠣は勿論、生でも蒸しでもフライでも美味いが、ソテーの美味さはこの店で知ったような気がする。バジルかつは初めて。タルタルソースがたっぷりで嬉しい。呑みものは、ビールの後はワインへ。
締めは、牡蠣のカレー焼きめし(970円)と牡蠣のペペロンやきそば(970円)。何方も、有りそうで他所ではなかなかお目に懸かれない一品。どうもこの頃、ここの料理の虜になりつつある。

DSC03991

DSC03992

DSC03993

DSC03994

DSC03995

DSC03996

DSC03997

DSC03998

DSC03999

DSC04000