忘年山行第2弾。予てより(多分、下仁田ねぎの美味さに気が付いた10数年前)、いっぺんでいいから下仁田ねぎを使ったすき焼きを、本場の下仁田で喰ってみたい、と思っていて、ついでに泊りの忘年会にしちゃえ、とプランしたのが今回だった。ついでに目指す山は唯一無二の山容を誇る荒船山。前回は2014年夏以来なので、いつの間にか5年半ぶり。すき焼き宴会場は、下仁田駅前の「常磐館」。こちらに泊まるのは実に2007年以来、12年ぶりということになる。
ネットを覗くと、荒船山は専ら内山峠か荒船不動尊から登った記録ばかりだが、それはマイカー利用だからで、公共交通機関利用派はそんな制約は無い。そこで、個人的にも初めてな威怒牟畿不動からアプローチし、相沢橋へ下ることにした。
山頂までは基本的に雑木に覆われているが、時々遠くを見渡せる処もあり、なかなかいい気分。少なくとも、内山峠又は荒船不動尊からよりも楽しい。眺望の無い山頂(経塚山)は、オジサン、オバサンの集団に占拠されていた。南側から現れた我々を見て、「そっちにも道があるの?」とオバサンが吃驚していた。
ここから先は荒船山の真骨頂、ほぼ平坦な道が約1km続く。いわゆる溶岩台地の周りが浸食されて残った、独特な地形を満喫する。台地の末端、艫岩からの眺めは気宇壮大。目の前に浅間山、その左手には白き北アルプスの峰々がズラリと並んでいた。相沢分岐からは急降下し、林道に出たところでタクシーを呼んで「常磐館」へ。ひと風呂浴びてさっぱりしたら湯上りビール。気怠い気分に浸った後、待ちに待った夕食だ。すき焼きは上州牛と下仁田ねぎの黄金セット。これで美味くないはずが無い。メインのすき焼き以外に、下仁田こんにゃくの刺身、下仁田ねぎのかき揚も付くので、徹底的に下仁田づくし。こんな忘年会も偶にはいい。っていうか、毎年やりたい。

DSC03524

DSC03525

DSC03540

DSC03544

DSC03547

DSC03548

DSC03552

DSC03571

DSC03564

DSC03560

DSC03566

DSC03570

DSC03569

DSC03568

DSC03562