忘年山行2日目は昨日から持ち越した、達磨山から金冠山を巡って富士山を眺めようというプラン(山の記録はこちら)。戸田BSを7時5分発のバスに乗るため、朝食は6時でお願いすると、「峯松」のオヤジは快く了解してくれ、さらに、何だったら戸田峠まで送るけど、とまで云ってくれたので、有難く言葉に甘えることにした。
峠までの道中、「峯松」のオヤジからは、戸田には一時期、民宿が300軒もあったのに今はたった13軒だとか、幕末に戸田沖でロシアの船が難破したことがあり、戸田の船大工が洋式の船を造ってあげて(洋式の造船は、日本で初めてか二番目ぐらいらしい)送り出したという美談まで披露してくれた。
「峯松」のオヤジに礼を云って戸田峠から先ず南下。狙い通り今日は快晴。昨日とプランを入れ替えて大正解だ。登り出してみると、日が当たらないところは霜が降りていて滑り易い。少し登ればもう富士山が姿を現し、海が見え、南アルプスが見えてくる。こんな景色は伊豆ならでは。昨日泊まった戸田の街も眼下に見える。たった一晩だけだったが、戸田がちょっとだけ愛おしい。
達磨山は360度の大展望。目を凝らすと、南アルプスは白根三山まで見えている。愛鷹山が邪魔しなければたぶん、甲斐駒ヶ岳だって見えそうだ。富士のすぐ左には八ヶ岳も。今日は八ヶ岳から海が見えるのか~と、ちょっと吃驚。
戸田峠まで戻ったら(ここには自動販売機ひとつ無い)、バスの時間まで余りないので、急いで金冠山を往復し、そのままビールが置いてあると期待している「だるま山高原レストハウス」まで歩いて下ることにした(小生以外は無理せず戸田峠でバス待ち)。途中、結構、若者のグループが金冠山を目指してぞろぞろ登ってくる。ほぼ我々の世界だった達磨山とは随分違う。
「だるま山高原レストハウス」に着くと、直ちに外に掲示されているメニューに注目。何度も見返したが、ビールの文字が見当たらず。マジか。諦めきれず店に入って直接確認するも、やっぱり無いと。偶々今日はトレランの大会があるみたいで、駐車場には若者たちが屯していて楽しそう。ツーリング族もかなりいる。そんな光景を横目で見つつ、虚しくバスを待った。

DSC03421

DSC03427

093 南アルプスが見えてきた。

DSC03428

DSC03433

DSC03435

DSC03438

DSC_0297

DSC03451

DSC_0294

DSC_0298

DSC_0299

DSC_0300

DSC_0301

DSC_0302