今度の山行は、奈良の大峰。大峰どころか、抑々個人的に関西の山は今回が初めて。大峰と云えば山上ヶ岳が有名だが、深田百名山狙いの者にとっては最高峰の八経ヶ岳となる。山上ヶ岳はこのご時世であっても(フェミニストですらタジタジの)女人結界の中にあるし今回の参加者は男子は小生のみ、而して今回は後者に登ることとし、でも折角の機会なので奥駈道を少々辿って前鬼へ下るプランにした(山行記録はこちら)。
初日は行者還トンネル西口から弥山(みせん)小屋まで。家を午前5時に出ても、登山口にようやく着くのは11時30分。やっぱり大峰となるとアプローチに時間が(勿論運賃も)掛かる。関西近郊の自家用車でやってきた登山者はとっくに登り始めていて、登山口前の駐車場には吃驚するほど車が停まっている。
奥駈道に上るころには、もう八経ヶ岳から下りてくる登山者と頻繁にすれ違うようになる。今日は天気が良いので、東側の見通しが利くところでは、山上ヶ岳まで連なる奥駈道の全貌が見渡せ、いつの日にか彼方の方にも行ってみたいという気持ちになる。奥には大台ヶ原と思しき山も視認できる。一方、目を南に転ずると、茫洋とした紀伊山地が果てしなく広がっていて、何処まで見えているのか判らない。いったい、どの辺りが熊野なのだろうか。
弥山には午後3時過ぎに到着。山頂には立派な天河大弁財天奥ノ院があって、その前からは八経ヶ岳が良く見える。弥山小屋はなかなか大きな小屋だが、今日の宿泊者は約30人ぐらいだろうか。訊けば、来週末には営業終了とのこと。そのためか、料理のメインディッシュはハンバーグでなく塩シャケだった。
寝る段になっても、客室はストーブが無いと寒いくらい。関西だったらもうちょっと暖かいかも、と思っていたが関東とちっとも変わらないので少しだけ吃驚した。

042 眺めが良くなってきた。

052 お参り。

DSC_0137

DSC02899

DSC02901

DSCF0044

DSC02903

DSC02904

DSC02906

DSC02907

DSC02909