久しぶりの横浜・中華街。小生はWOODYさん主催の三浦アルプスツアーなどで、北京飯店には2年半ほど前に来たことがあったが、カミさんと一緒となるともうひと昔前かも知れない。今回は、日産スタジアムへ行く前に、ちょっと寄り道して観光とランチをしようとやってきた。
関内駅からぷらぷら歩いてくると、中華街だけ異様に混んでいるのが判る。単に中国料理店がいっぱい並んでいるだけで、食べ終わったらさっさとバイバイしても良さそうなものだが、この街そのものが観光目的となっているのか、食欲と無関係に街をそぞろ歩きしている客がものすごく多い気がする。
おかげでどの路地もうんざりするほど渋滞している。客層は外国人もいるが(中国系は少なそう)、殆どが日本人のようである。もちろん、ランチ時なのでどこの店にも行列が出来ている。これでは名の知られた店目当てにすると、いつ入れるか判ったものではない、行列が無い店を見つけたら問答無用に入ってしまおう、と決め、その通り飛び込んだ店が「東光飯店別館」だった。
2階にもテーブルがあるようだが、ちょうど客が出て行ったばかりなのか、1階のテーブルが空いていたのでそこへ通される。我々の後からも時々客が入ってくるが、満員で断られることはなさそうだった。この店は外から中が殆ど見えないので、やや入り難い面がありそうだ。
先ずは生ビール(550円税別、以下同様)。メニューを見るとここは台湾料理の店らしい(といっても良くは判らない)。あさりの豆鼓炒め(1,260円)、2種類前菜盛り合わせ(1,000円)、ソフトシェルクラブの辛炒め(???円)と小龍包(560円)を注文。どれも美味いが、ソフトクラブシェルが特に美味い。全般に味は濃い目な感じで喉が渇くので、ビールの後は紹興酒ではなくドラゴンハイボール(550円)を頼んだ。紹興酒に梅とレモンを合わせ炭酸割りしたシロモノ。なかなかイケる。

DSC_0091

DSC_0100

DSC_0099

DSC_0092

DSC_0093

DSC_0094

DSC_0095

DSC_0096

DSC_0097

DSC_0098

DSC_0101

DSC_0102