両俣小屋は、随分前から(たぶん30年ぐらい前から)いっぺん泊まってみたいと思っていた。もちろん、「41人の嵐」に描かれた1982年の出来事を知ったせいもあるが(本は読んでいない)、他の小屋とは違ってのんびりできそうな感じが気になっていた。山ヤよりも釣り師に有名と聞いたことも、更に云えば何もせずにぼ~っとしたい人間が集まるところとの話も知っていた。少なくとも南アルプスの北半分(三伏峠以北)にある山小屋の中では、最高にディープな山小屋だろうと想像していた。
とはいえ、釣り師や独りになりたい人のように、単に野呂川を遡って行くだけでは山ヤがすたる。となれば一般的には、①北沢峠から仙丈ヶ岳を越えていくか、②三伏峠から塩見岳を越えていくか、③広河原から北岳、間ノ岳を越えていくか、あるいは④大門沢から農鳥岳を越えていくか、という4つの選択肢がある。
2泊3日で、という制約を加えると②と④の選択は無くなり、③は前泊する白根御池小屋か肩ノ小屋が激混みしそうなので却下すれば、自ずから仙丈ヶ岳を越えるのが真っ当だろうと分かる。長大な仙塩尾根のうち、三峰岳と仙丈ヶ岳の間は小生にとっての空白地帯なのだが、このうち仙丈ヶ岳と野呂川越の間をトレースすることもできる。
実際に歩いてみると、仙塩尾根は単調で長いだけの退屈な尾根歩きかと思っていたが、豈図らんや、なかなか変化に富んでいるし、少なくとも半分ぐらいは眺めが抜群に良いし、眺めが無い樹林帯もこれぞ南アルプスというしっとりした感じだし、なにしろ人が少ないという点でも大いに気に入った(山行記録はこちら)。
辿り着いた両俣小屋は、予想通りひっそりした場所にある小屋、野呂川の流れが見えて開放感は十分、小屋主の星さんの人柄もあって大層居心地がよろしい。この次は、なんとか三峰岳と野呂川越の間をトレースするタイミングでまた来たい。しかし、単に野呂川を遡って来るのもなんか良さそうだなあ。

DSC02505

DSC02513

DSC02521

DSC02522

DSC02523

DSC02530

DSC02538

DSC02536

DSC02537

DSC02539

DSC02540

DSC02542

DSC02541

DSCF9803

DSCF9805

DSCF9801

DSCF9808