和尚が、本郷に行く用事があるので「根津あたりで一杯どう?」と云うので、アユラシと一緒に向かうことになった。根津で知った店と云えば、蕎麦だったら(入ったことは無いけれど)「雙柿庵」、串揚げだったら「はん亭」、居酒屋だったら「根津の甚八」ぐらいしかない。オヤジ3人で入るとしたらやっぱり「根津の甚八」かなあ、ということで予約の電話を入れる。女将さん曰く、座敷だったら他に一組入っているだけなのでOKとのこと、いつの間にかもう5年ぶりだ(前回はこちら)。
メトロの駅から裏道を歩いてくると、赤いちょうちんが目印。やや建て付けが悪い引き戸を力を込めて開けると、客はカウンター席に五人ほど入っていて、よく見るとそのなかに和尚も居た。女性の独り客もいらっしゃる。皆さん、ここのカウンターがお気に入りなのだ。
小生はさっそく靴を脱ぎ、誰も居ない(座敷の予約客はキャンセルで来なかったようだ)座敷へ「おじゃまします」と上がり込む。もうこの店に来るようになってかれこれ40年経つが、店主以外はほぼ何も変わっていない。
先ずはビールをいただき、和尚と乾杯。やがてアユラシも到着。つまみに頼んだのは、じゃこ豆腐、鯖の燻製に、めざし。鯖の燻製はここのイチオシメニューだ。もちろん、ビールの後は日本酒。この店の定番は太平山。ちびちび呑みながらめざしを齧るのは格別だ。
お銚子を何本か頼むうちに、いつのまにか客は我々だけとなった。手の空いた女将さんと暫し、おしゃべり。久しぶりだったが、女将さんは元気だったし、随分と饒舌なんだと初めて気が付く。いつもは何かと忙しくて、我々としゃべることが少なかっただけかも知れない。また来ます。

DSC_1426

DSC_1427

DSC_1428

DSC_1429

70577198_2240592212736902_3907355753190522880_o

DSC_1430

DSC_1431

DSC_1432

DSC_1433