扇沢BTから長野駅行の特急バスに乗車する。ひと昔前では信濃大町まで出て、場合によっては大町温泉の日帰り温泉に浸かり、列車待ちの時間を利用して駅前の蕎麦屋か何処かに転がり込むのが常だったが、北陸新幹線が出来て状況は変わった。
信濃大町駅から「あずさ」で帰ろうとすると、15時07分発の「あずさ26号」しか選択の余地がなく(大糸線は単線なので、普通列車で松本に出るのはそれだけで1時間掛かる)、これだと新宿には18時34分着。一方、長野駅経由だと、のんびりしても長野14時24分発の「はくたか564号」には余裕で乗られるので、東京着は15時52分。ということで、立山からの帰りは長野へ出るのが手っ取り早い。そのお陰で、信濃大町駅前の蕎麦屋は随分縁遠くなった。
長野駅行の特急バスはほぼ山の中を走る。途中には蕎麦屋の看板が目立つ、旧美麻村新行地区があり、思わず途中下車してみたい衝動に駆られるが、こんなところでのんびりする訳にはいかない。別の機会に改めるしかないが、そんな機会があるかどうか・・・。恨めしく看板を眺める。
その代わりというわけではないが、今回も長野駅前の蕎麦屋「油や」に入る。昨年の10月(その時のレポはこちら)以来だ。また予約を入れたので、今回も小上がりの席を確保できた。さっそく生ビール(570円税込、以下同様)でスタート。日本酒はやはり地酒、西之門・純米吟醸(300ml、1,100円)と美寿々錦・純米生酒(620円)を呑んだ。キリッと冷えていて美味い。
つまみには、馬刺し(1,100円)、野菜天ぷら(620円)、エリンギ天ぷら(360円)、シャキシャキサラダ(360円)、もつ煮(540円)、信州の味三点盛り(190円)を注文。ここは蕎麦前の種類が豊富でコスパも良いところがうれしい。前回食べたかどうか忘れてしまった肝心の蕎麦(750円)は、しっかりした腰と喉越しのつるつる感が絶妙。これを忘れたなんて、かなり酔っていたということらしい。

154 長野駅前のここでランチ。

DSC_1794

DSC_1793

DSC_1796

DSCPDC_0001_BURST20190824122825446_COVER

DSC_1785

DSC_1786

DSC_1787

DSC_1788

DSC_1789

DSC_1790

DSC_1791

DSC_1792

DSC_1795

DSC_1797

DSC_1302