「多雲坊」でそれなりに満足したので、皆なんとなくそのまま駅に向かって歩き出すと、わざわざ大宮まで来て一軒で帰るのか?という(呑兵衛として至極真っ当な)動議が出されたので、それならばと間髪を入れず、手っ取り早い場所にある「いづみや第二支店」へすっと入る。
入口の目の前のちょっと大きめテーブル席には、いつも予約の札が置いてあるが、6人でドヤドヤと入れば、店のおかあさんがさっと予約札を取り去って、「どうぞ」と目で合図。このあうんの呼吸は、「いづみや本店」にしても「いづみや第二支店」にしても久しぶりの気がして小気味良い。
そのおかあさん、さっそく注文取りにきて我々を待つ。頼んだのは、やはり瓶ビール(サッポロ赤星、510円税込、以下同様)。それと同時に、日本酒(大穴、610円、高い割りに大して美味くない(失礼!))やら泡盛を注文。
さらに併せて料理は、もつ煮込み(170円、オヤジだったら無意識で注文する)、らっきょう(200円、普段、頼む人がいないので、食べるのは久しぶり)、野菜炒め(450円、万人受けする料理だがここでは高級料理の部類)、ハムカツ(300円、何故か居酒屋でしか食べられない)も注文。呑みものの後、更に料理の注文を4つも受け付けてくれた。
他の店では当たり前だが、ここは我々よりひとまわりぐらい上のおかあさん達が仕切る「いづみや」だ。これまでたいていのおかあさんは、3つ以上の注文は受け付けられない(覚えられない)場合が多いので、それに慣れた小生としてはちょっと感動すらおぼえる。
我々を相手にしてくれた(「いづみや」にしては)やけに愛想がいいおかあさん、新人かも知れない。それとも営業方針を変えたのか(新たに立てたのか)? この仮説を検証するため、近々また来てみよう。

DSC_1013

DSC_1014

DSC_1017

DSC_1018

DSC_1019

DSC_1020

DSC_1021

DSC_1022