観光列車「柳都shu*kura」を堪能しているうちにもう新潟、13時06分到着。3時間も乗っていた気がしない。車窓から眺める景色やおしゃべりだけでも楽しめるが、音楽があると更にレベルが上がるとは知らなかった。
こうなったらこの次は、同じく生演奏付きの西武の「52席の至福」(ブランチコースでもひとり20,000円、ディナーコースだと30,000円もするので、ちょっと二の足を踏むが)を是非狙ってみたい。
余韻が醒めないまま新潟駅を出て、上りの新幹線まで何処か時間を潰す場所を探す。うっかり万代口に出てしまったが、こちらには店が少ないことに気が付く。万代橋を渡れば色々あるはずだが、そこまでの時間は無い。南口だったら駅ナカに「ぽんしゅ館」もあったはず。ちょっと「柳都shu*kura」に浮かれていたようだ。
それでも駅構内に何処か無いかと探して、なんとか見つかったのは「ちゃぶぜん」という定食屋。少なくともビールぐらいは呑めそうなので入ってみた。もう午後1時を過ぎているせいか店内に客は疎ら。どこでも好きな席にどうぞ、となる。
「大戸屋」とか「やよい軒」のようなものかと思ったが、メニューを見る限りそれなりに一品料理もあるし、新潟の有名どころの日本酒はいくつか置いてある。これならば、独り呑みでも何とかなりそうである。
とりあえず生ビール(530円税込、以下同様)を注文。腹はそれなりに膨らんでいるが、それでも何かつまもうかと、甘えび刺身(500円)と栃尾油揚げ(400円)を頼んだ。
ビールを呑んでいる客は我々だけだが、居心地が悪いわけではない。小洒落た店には入れなかったが、ターミナル駅新潟の定食屋は、旅の途中の風情は感じられる。「柳都shu*kura」の余韻を忘れないという点では、この店は良かったかも知れない。

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0912

DSC_0913