前回、東吾妻山&一切経山に登った(山の報告はこちら)帰りに会津若松に寄った際には、時間が無くて、末廣酒造に入っただけで七日町通りは殆ど歩けなかったので、今回は「田事」でのランチ前後はこの通りをぶらり散歩。
「田事」の開店時間前に七日町通りを歩いていたとき、交差点の横断歩道を渡ってこちらにやって来る、にんじんのゆるキャラ着ぐるみを発見。こんな暑い日にご苦労なことだ。こちらから問い掛けるより先に、その着ぐるみがしゃべりだした。聞くところによると、会津地方の名産「会津おたね人参(朝鮮人参)」非公認キャラ「おたねくん」だという(聞いたことはすっかり忘れたので、後でネット検索。こんなサイトがあった)。
朝鮮人参(薬用人参)のことを、「おたねにんじん」と呼ぶのは初めて知った。しかしそもそも何故、あえて「おたねにんじん」をキャラにしたのかは訊きそびれた。ちなみに「ゆるキャラグランプリ2017」では第407位だったそうである(ってか、そんなにたくさん「ゆるキャラ」がいるとは、それはそれで驚いた)。ゆるキャラとしては、ちょっと背が高過ぎて(たぶん2メートルぐらい)可愛げが無いのが災いしていると思われる。
次に、絵ろうそく屋を発見。「ほしばん」という店で、創業はなんと1772年(安永元年)。この街には100年超え企業はいっぱいありそうだ。花の絵を描いた絵ろうそく以外に、和菓子や寿司、うな重の形をしたろうそくもあって、笑える。あんな形でも、ちゃんと全部燃えるのだろうかと心配になる。
その後、ガラス工芸や漆器の店「鈴蘭」や、炭の店「ながい炭成館」などをウィンドーショッピングしてから、鶴乃江酒造に寄ってみる。ここは、かの「会津中将」を醸す蔵元。さっき「田事」で呑んだ「ゆり」もそう。ちょっといくつか試飲させてもらった後、やっぱり会津中将純米原酒(四合瓶1,728円税込)をゲットした。七日町商店街はなかなか楽しい。
(鶴乃江酒造で写真を撮り忘れました、悪しからず!)

DSC01518

DSC01517

DSC01531

DSC01532