「小梨の湯」でさっぱりして「小梨平食堂」でまったりしたあと。いい調子になったまま、上高地へふらふらと戻る。こんなパッとしない天気でも、観光客や登山者がどしどしやってくる。外国人観光客も多い。特に欧米系の家族連れが目立つ感じ。風光明媚な上高地の径で彼らと出会うと、あれっ、ここは日本だったっけ?などと一瞬、錯覚する。
河童橋からは、穂高の中腹から上はあいにくガスの中。しかし一昨日、見られたので、もう残念とは思わない。初日と同様に、上高地バスターミナルにも多くの観光客が彷徨いている。ここで新島々行きバスチケットを買うのだが、でもその前に、今日、急遽東京へ帰ることになり、ついさっき別れたばかりの帰京二人組を再度キャッチしなくてはならない。
実はのりちゃんが某氏(あえて名前は伏す)から手渡された帰りの切符が、なんと3日前に乗った(当然、もう使えない)「特急しなの」の指定券だったことが発覚。某氏の迂闊ぶりに不謹慎ながら思わず笑ってしまうが、でも首尾よく「上高地食堂」で掴まえられたので、めでたしめでたし。
「上高地食堂」もそこそこ客が入っていたが、問題なく入店。さっき「小梨平食堂」では(先行帰京組をキャッチするために)殆ど何も喰わなかったし、バス発車時間まで小1時間あるのでちょっと腹ごしらえ。でもその前に、松本ブリュワリーのクラフトビール(600円税込、以下同様)で祝杯。この頃、様々なクラフトビールを呑む機会がめっきり増えてきた。
つまみには、鶏つくね(500円)、ソーセージ盛り合わせ(900円)、ざるそば(830円)、ベーコンほうれん草パスタ(950円)を喰った。みな、ごく普通の味だと思うが、涸沢まで往復して来た充実感が幸せのハードルを低くしたせいか、満足度は高かった。

DSC01231

DSC01232

DSC01224

DSC01225

DSC01230

DSC01226

DSC01227

DSC01228

DSC01229