家の近所で、ちょっと気の利いた居酒屋へ行きたいと思ったら、この頃は「誠家」を連想することが多い。今日は金曜日なので、普通だったらたとえ呑みに誘われても(心を鬼にして)断って家へ直帰し、「チコちゃん」を見たら明日のための準備をして早く寝る(なにせ、三郷から山は遠いので・・・)、というパターンになる。
しかし今回は、このちゃんの要望により山行を日曜日からに変更したため、ゴールデンウィーク直前の金曜日にもかかわらず、久しぶりの「花金」(もう、死語か?)となり、而して早く寝る必要がない。こういう時に限って誰にも誘われないので、カミさんと待ち合わせて「誠家」へ行くことにした。
ドアを開けると、店主がお出迎え。こちらへどうぞと、いつものテーブル席へ着く。先客はカウンターに独り呑みの男子が二人のみ。うち一人は直ぐに帰ってしまった。残りの一人は小生よりもだいぶ上の方のようだが、相当きこしめているようで、酔うほどに愚痴愚痴と不満を女性店員にぶつけている。しかし店員の方も慣れたもので、柳の如く受け流している。そう、酔っ払いは駄々っ子を扱うが如く、まともに相手にしないのが得策だ。
先ずは生ビール(520円税別、以下同様)でのどを湿らせたら、今日はワインでも呑むかとイタリアワインの赤、ネリオ・ナルド・リゼルヴァ2013(Nerio Nardo Riserva, 3,780円)を注文してみる。意外に重厚な香りで酸味も感じる、値段の割りにかなりイケてると思う。
これに合うんだったら、牛すじ煮込み(???円)がいいなと頼む。しかし他に相応しい料理が見当たらず、真鯛刺身(???円)、銀だら西京焼き(???円)、ササミちょい炙りワサビソース(590円)、海鮮チーズチヂミ(620円)を注文した。やはり刺身にはミスマッチだが、銀だらとかチヂミとのマリアージュは悪くないと感じた。

DSC_0039

DSC_0040

DSC_0041

DSC_0042

DSC_0043

DSC_0044

DSC_0045

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0049