この頃の山の帰りには、日曜日の昼下がりに立川へやってくるのが多いような気がする。そうするとどうしても開いている居酒屋が少ないため、勝手知ったる馴染みの店を選びがち。北口だったらつい「玉河」になる。
偶には南口にしようとしても、結局、限られたカードから選ぶしかない。その貴重なカードの1枚は、云わずと知れた「だるま」だ。それでも昨年の5月以来だから、何だかちょっと久しぶりである。いつもの暖簾を潜って中を覗くと、なんとか入れそうだ。
店の雰囲気は、当初からまったく変わっていない。店員はいつの間にか、気配りが利いて愛想がいい兄ちゃんがいなくなったようで、代わりに若くて小柄な女性店員が入ったみたいだ。細長いうなぎの寝床的店内の、ほぼ真ん中に陣取る。
もうビールは良い加減なので、角ハイボール(400円税込、以下同様)を注文。併せて、シロ(135円/本)、カシラ(160円/本)、テッポウ(160円/本)、ネギ焼き(170円)、イカ刺し(???円)を注文。どれも何時もと変わらぬ味で、安心できるのがこの店の強みである。
ところで我々の席の隣には、昨日から(何らかの理由で)徹夜でハイになっていると自ら仰る、気さくでざっくばらんな奥さんと、強面だけど気が優しいご主人との夫婦が座っていた。奥方の方はすぐに誰とでも友達になってしまうタイプ(我々の身近にもこの類の方がいるが、酒に強くないので居酒屋の人気者にはなり切れない)で、現にここ「だるま」でも店員だけでなくお客の皆さんと顔見知りのようでかつ、とても有名人のようである。しかしお会いしたのは今回が初めてだ。良い調子になった奥方は、何かと我々に絡んでくるが、全く邪気が無いのでむしろ微笑ましい。ご主人は頻りに恐縮していた。

DSC00811

DSC00813

DSC00814

DSC00815

DSC00816