最近は仕事で都心に行くことが無くなり、もっぱらプライベートの呑み喰いか買い物目的ばかりとなってきた。そのせいで、ランチ時で何処かの店に入る機会もすっかり無くなった。その結果、牛丼やカツ丼、カレーライス、ラーメンは云うに及ばず、何とか定食の類も含め、もう何年もランチしたことが無い状態。
例えば「大戸屋」には何時以来入っていないかも覚えておらず、「ザめしや」とか「やよい軒」などは未だ入ったことすら無い。何もすることが無くなって(完全リタイヤして家にも居ずらい場合があれば)、平日の昼間に入るかも知れないが、まだだいぶ先の話だろうし、取り立てて喰えなくて残念ということは無いので、まだまだこの状態は続きそうである。
ということで、今回も仕事とは無関係で東京へ。以前の職場仲間との呑み会の場所が、八丁堀の「博多もつ鍋 一慶」だった。八丁堀はあまり土地勘が無いせいもあり、Google Mapが頼り(初めて入る店の場合は、スマホ+Google Mapの組み合わせが欠かせない。いったい昔はどうしていたんだろう)。そもそも、とても判り難い場所にあり、しかも八丁堀には何故か「一慶」が2店舗があって紛らわしい。
この「一慶」、博多では有名なもつ鍋店らしいが、博多の街も、もつ鍋店も、全く疎いので知らなかった。ググッた限り、博多では「炙りもつ鍋」なるシロモノが流行のようである。スープはしょうゆ味とみそ味があるとのこと、どっちが一般的と訊けば「しょうゆ味です」と店員。ならばそれでいこうとなった。
一人前で1,280円。たしかに味は悪くない。しかしもつの匂いが店内を充満していて、身体に染み付きそう。それが証拠に、その臭いがコートに染み付いたのか、翌日の通勤電車で隣に座ったOLがやや怪訝な顔をしていた。気の毒なことをした。

DSC_0160