上高地スノーシューツアーの帰り道。この頃、新幹線で途中下車といえば、毎度、毎度、大宮ばかりなので、今回は大宮で下車した後、在来線に乗り換えわざわざ赤羽までやって来た。以前、アユラシに連れて行ってもらった「まるます家」か「丸健水産」に入ってみようという魂胆である。
ところがところが勇んで行ってみたら、「まるます家」も「丸健水産」も入口に長蛇の列(「丸健水産」は完全オープンなので入口も出口も無いが)。全然お呼びじゃないし、とても並ぶ気が起きない(OLだったら、行列を見たら訳もわからず本能的に並ぶらしいが、その気が知れない)。まさか、休日が平日以上に混むとは知らなかった。ここは既に観光地なのだと知った。
ともかく、尻尾を丸めて退散。どこか代わりの店が無いかなと一番街を進むと、透明ビニルシートで囲われた店を発見。満席ではないが、ガラガラでもない程良い混み具合の様子。事前知識も無く、まさに飛び込みで入ってみたのが「赤羽 鳥一家」だった。
客は概ね、若者が主体で、女性の割合が高い。我々が入っても男女比率は変わらない感じだが、年齢構成は大きく変化したものと推測される。若者比率、女性比率が高い割にはそれほど煩くは無く、意外に静かに呑める感じだ。
今日はもうビールをかなり呑んだ感じなので、気分を変えてホッピー黒セット(450円税込、以下同様)で乾杯。この店はやっぱり鳥がウリなのだろう、ちょっと迷ってからセセリの柚子胡椒焼き(490円)を注文。他に料理は、漬けアボカド(490円)、ポテトサラダ(390円)、塩キャベツ(250円)を頼んでみた。
セセリは、串焼き状態ではなく、皿に盛られた姿で出てきた。アボカドの漬物というのもありそうで無いシロモノ、かなり変わっているが普通に美味い。
「まるます家」や「丸健水産」ほどのディープ感は無いものの、赤羽らしさを感じさせてくれる、なかなか居心地の良い店だった。

赤羽一番街
赤羽鳥一家の店内

DSC_0140

DSC00296

DSC00297

DSC00298

DSC00299

DSC00300

DSC00301