長野に着いたらもう昼食時、観光(善光寺参詣)の前に腹ごしらえをすることになる。昨年の秋、志賀高原の帰りに寄った「油や」をリベンジしてみようかとも思ったが(何しろ蕎麦を手繰ったかどうか覚えていないので)、まあせっかくだから未だ入ったことが無い店を優先した方がよろしかろうと、「ぼっち」という蕎麦屋に入ってみることにした。長野は、何かと気になる蕎麦屋が多い。
Google Mapを見て、店はホテルメトロポリタンの中かと誤解したが、よく見ればそのすぐ裏の小さなホテルの地下階だった。ランチタイムは予約が出来ないようなので、11時30分開店の17分前にやってきたら先客はおらず、一番乗りだった。店の開店を待つのも珍しいが、一番乗りはもっと珍しいことだ。
店の名前になっている「ぼっち」は、どういう意図で命名したのだろうか。「一人ぼっち」などに使われる「ぼっち」と「ダイダラボッチ」の「ボッチ」は、共に「法師」が語源らしい。一方、「高ボッチ」の「ボッチ」は「凹地」が由来のようだ。この蕎麦屋の「ぼっち」は、前者の意味のような感じはするが、定かではない。
我々の後から段々列が延びてきた頃、店主が「お待たせしました」と階段を上がってくる。案内されたのは小上がり。腰を下ろしたら、生ビール(470円税込、以下同様)で乾杯。メニューを開くと、蕎麦の種類も豊富だが、一品料理もかなりある。もうそれだけで嬉しくなってくる。
それでも結局頼んだのは、だし巻き玉子(600円)、大根と揚げそばサラダ(680円)、馬刺し(赤身、1,100円)、天ぷら盛り合わせ 大(海老2本付き、1,500円)と定番メニュー。それぞれたっぷりサイズだが、6人居るのであっという間にペロリ平らげた。
そして勿論、締めは十割そば(大盛1,550円)。ここは地元戸隠産のそば粉を使用。そのせいか、こし、喉越し、香りとも申し分ない。一番乗りして並んだ価値は十分にあった。

DSC00255

DSC00256

DSC00257

DSC00258

DSC00259

DSC00260

DSC00261

DSC00263

DSC00262

DSC00265

DSC00267

DSC00268

DSC00269