小諸駅からしなの鉄道に乗り、終点の軽井沢駅で下りたら、もうランチタイム。人ごみの南口(プリンス・アウトレット側)へ行く気はしないので、北口の店に行こうと「フレスガッセ」を覗いてみたが、やっていなかった。軽井沢では有りがちなように、やっぱり冬は閉めているのだろうか。ならばと今度はタクシーに乗って旧軽井沢へ行ってみる。
ロータリーの目の前にある「川上庵」を先ず覗くと、すんなり入れた。しかし、我々が席に着いた直後からわさわさと客がやって来て、広い店内も忽ち満席、店の中だけでは収まらず、外にも席待ちの行列が出来上がる。この寒空に気の毒なことだし、待つ人の無言の目線に多少、プレッシャーを感じるものの、我々だって高峰温泉くんだりからわざわざやって来たこともあり、せっかくの機会なのでのんびりやらせていただくことにする。
気が付けばもう5年ぶり(前回はこちら)。それにしてもシーズンオフでもこの人出なのだから、避暑シーズンはどれほどの混みようなのか、想像するだけでゾッとする。少なくともランチ時は避けたほうが良さそうだ。
やっぱり始めは生ビール(中750円税別、以下同様)。そのあとはいつものように日本酒になるが、メニューをみると聞いたことが無い銘柄があったので頼んでみる。先ずは斬九郎・特別純米芳醇辛口(2合1960円)。酸が立っているが旨みも感じられ、深みがある。次は辛口五郎兵衛(グラス730円)にしてみると、こちらはスッキリタイプで口当たりがとても軽い。毎度そうだが、この店の酒の選び方にはセンスを感じる。
一方、料理は牡蠣オイル漬け(980円)、鴨焼き(1,440円)、出汁巻き玉子(900円)、下仁田ネギ辛子味噌(820円)、自家製ぬか漬け盛り合わせ(800円)を注文してみた。期待通りどれもこれも美味いし、日本酒に良く合う。特に牡蠣オイル漬けは絶品。素人が気紛れに作るのとは全然違う。腕が違うのか、素材が違うのか(たぶん、両方だろう)。そして締めは勿論、せいろ(880円)。これも全く文句の付けようがない。とても幸せな時間を過ごせた。

DSC_0090

DSC_0100

DSC_0091

DSC_0092

DSC_0093

DSC_0094

DSC_0095

DSC_0096

DSC_0097

DSC_0098

DSC_0099