万座温泉で元旦を迎えたあと、再び9時35分発の長距離バスに乗って軽井沢へ移動。今日も、単にバス移動だけでは勿体無いくらいの、超いい天気。途中、万座・鹿沢口駅で何人か降りた後は、暫く何処にも停まらずひたすら南下。目の前にどーんと、ほんのり雪化粧の巨大な浅間山が見え続けている。
「鬼押し出し」でも誰も乗り降りしなかったが、意外に多くの車が止まっているということは、こんな時期でも観光客がいるということだろう。何が嬉しくて元旦にこんな殺風景で極寒の「鬼押し出し」までやってくるのか判らない。
軽井沢には11時15分到着。まだ昼飯には早いが、元旦に空いている飲食店なんて、プリンスアウトレットぐらいしかないだろうと端から諦めて覗いてみたら、さすがに開いているのは開いていたが、何処の店もゾッとするほど行列ができていて、途端に目の前がだんだん暗くなる。
久しぶりに人混みのなかに紛れて長時間待つしかないか、と諦めかけた頃、一番端っこにあった蕎麦屋「やまへい」には僅かしか行列が出来ていなかったので、ここで覚悟して待つことにした。やはり家族連れだと、蕎麦よりもパスタや牛肉の方が好まれるのだろう。
ここはアーケード街にある多くの店とは異なり、単独の二階家なのでそれなりにキャパもある。そのせいか、さして待たされることなく、2階へ案内される。先ずはビール(軽井沢高原ビール、グラス中750円税別、以下同様)を注文し、その間にメニューを確認。
正月だからか、ランチタイムだからか分からないが、一品料理はてんぷら盛り合わせ(1,250円)、ソーセージ(950円)、和風サラダ(750円)、板わさ(400円)のみ。蕎麦屋でソーセージ、というのも変わっている。軽井沢ならでは、かな。ということで、ソーセージと板わさを注文。板わさは、正月らしく赤い蒲鉾だ。板わさにはやっぱり日本酒、佐久の「深山桜」純米(300ml、800円)を頼む。
締めのせいろ(750円)はまずまずの喉越し。今年も始まりは蕎麦だった。元旦のプリンス・アウトレットでランチするには、蕎麦がお勧めである。

DSC_0719

DSC_0720

DSC_0714

DSC_0715

DSC_0716

DSC_0717

DSC_0718

DSC_0721

DSC_0723

DSC_0722

DSC_0725