毎日毎日、ホテルと仕事場をタクシーで往復するだけの単調な日々が続く。夕食を摂ってからホテルのベッドで横になれば、いつのまにかストンと眠りに落ちてその日が終了。その日が充実していたかどうかには拠らず、一日はあっという間に終わってしまう。
尤も、それは日本にいても似たり寄ったり。唯一の違いは、日本にいれば楽しみは週末の山だが、インドネシアにいれば睡眠というところか。これじゃあ、身体が鈍るのは間違いないが、かといって暑い外を走る気は全く起こらず、浄水機能に信頼できないプールに浸かって泳ぐのはもっての外。而して、日本に帰るまで、せいぜい節酒節食に心掛けるのが、怠け者にとって唯一の対策となる。
久しぶりにタクシー同乗者がイギリス人で無く日本の若者二人となり、夕食を喰いに"COFFEE AND BEYOND"へ行こうということになった。若者の目当ては、仲間内ではプカロンガンで一番美味いと評判の、ビーフステーキである。
それほど牛肉に食指が動かないが折角の機会だからと、"Sambal Hejo Beef Lib"(IDR73,000≒584円)を注文。"Hejo"の意味は判らないが、"Sambal"はインドネシアの豆板醤のようなものだと知っている。従って、それなりにスパイシーな筈だ。
果たして出てきたのは一見、牛肉の赤ワイン煮込みのような姿。もちろん、赤ワインなど使うはずも無い。口に入れてみると、それほど辛くは無い。これならば全く問題ない範囲だ。しかし予想通り、リブ肉にしてはやけに筋っぽい。噛み切るには、顎の力を最大限発揮しなくてはならない。総じてインドネシア人は日本人よりも顎の力が強いのかも知れない。やっぱりビーフは止めておけばよかった。

DSC_0346

DSC_0348