やや定刻より遅れたが、無事スマラン空港に到着。外を見ると、窓ガラスが濡れている。久しぶりに見た、インドネシアの雨。これから雨季が始まるらしいので、イヤというほど見られるのだろう。バッゲージ・クレームでも滞りなく荷物は出てきた。もうちょっと早い時間に着けば、何処かの店に入って一杯やってみようかとも思ったかも知れないが、すでに午後9時を過ぎ、そんな気持ちにもなれない。ホテルへ行って寝るだけだ。
更には、空港に着くまでは、迎えの運転手に、何処かの「闇の酒屋」に寄ってビールを買いたい、と我が儘を告げようかとも思っていたが、別に一日や二日呑めなくったって、そのストレスで胃に悪いことも無かろう、もう俎板の上に乗った鯉だ、ジタバタしないことにした。
インドネシアのホテルやオフィス・ビルには、ほぼ間違いなく屋根付きの車寄せが付いている。ここ"HOM Hotel"だって、車をぐるりと回せるほどのスペースはないものの、立派な屋根が迫り出している。以前は、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出す演出かと思っていたが、実際に東南アジアの国に来てみてみると、これは全く実用的な手段なのだと判る。今夜もこの屋根が無かったら、車から降りた瞬間ずぶ濡れになったはず。日本でも、ゲリラ豪雨が日常化すれば、このようなスタイルを見習う必要があるかも知れない。
翌朝はやっぱり4時ごろ、何処か近くのモスクから流れてくる、大音声のアザーンで叩き起こされる。でもそのままでは起きず、うつらうつらしているうちに、だんだん外が明るくなるので、諦めて起床。カーテンを開いて外を見れば、窓の下には競技場が見えた。なにやらこんな朝から走っている者もいる。ご苦労なことだ。いや違う、こんな時間だからこそ走っている者がいるのだ、と気が付いた。真昼間にトラックを走るなんて、いくらインドネシア人でもしないはずだ。

DSC_0268

DSC_0269