志賀高原の山を巡った帰り道。今回は1日目、2日目はそれなりに、ストイックに山登りに専念したが、3日目は「猿座カフェ」を皮切りに、だらだらとだらしなく呑み続けている。もうだいぶいい感じになっているのだが、時計を見ればまだ午後4時にもなっていない。
それならば、ちょっとだけ寄っていこうと、やっぱりいつものように大宮で途中下車し、「いづみや本店」は1年半ぶりの入店(前回はこちら)。相変わらず賑わっている。目当ての一番奥の4人掛けテーブルが空いていたが、我々が3人だったせいか、店のおかあさんにその手前のテーブルを指定される。
ここはリュックサックを置く場所がない。そうなると、テーブルの下に置こうとしても、多少通路側にはみ出してしまう。するとおかあさんが「あたしが、テーブルの上で伝票に書くのに、リュックサックが邪魔」だとのたまう。仕方なく、足の下に無理矢理押し込む。だから一番奥にしてくれれば、リュックサックをビールケースの上に積めるのに、と云っても始まらない。このおかあさんは、そこまで気働きがないようだ。そういえば、ちょっと来なかっただけだけど、だいぶ、おかあさん方の面子が変わったような気がする。
ひと心地ついたら、呑みものを注文。小生は喉が渇いたので、ホッピー(400円税込、以下同様)にした。続いて、つまみも注文をしようとするが、これがなかなか捉まらない。じっと、おかあさんたちが我々に注意を向けてくれるまで待つ。藪が深いバリエーションを進むには、鹿の気持ちになって歩かないと踏跡が見えてこないが、それと同じく「いづみや」に入ったら、おかあさんの気持ちにならないと、上手く注文ができない(個人的な見解です)。いっぺんに2つまでしか注文を受けたくないし、そもそもなるべくなら注文を受けたくないのだから(これも個人的な見解です)、気長に待つしかない。
漸く、おかあさんの気を惹くことができて注文したのは、ハムカツ(300円)と支那竹(280円、支那なんて言葉は死語だろうな)と肉豆腐(250円)。これぞ、いづみやの味だ。

DSC09483

DSC09484

DSC09485

DSC09486

DSC09487

DSC09488