定刻の15時55分より多少早く、スカルノ・ハッタ空港到着。入国カウンターもかなりスムーズな印象。昔は1時間以上もかかったこともあると記憶しているが、昨今インドネシアのイミグレーションもだいぶサービスが向上したように感じる。
ついこの頃までは、誰しも到着ヴィザ(VISA on Arrival)が必要で、毎回35ドル(もっと昔は25ドル。でも米ドルに限るなんて、あからさまな外貨獲得策だ)が必要だったが、それも観光目的の場合には不要となった。小生は今回マルチヴィザを持っているので(先日、シンガポールで取得したので)、そのまま入国カウンターに向かう。
そういえば、以前はこの35ドルを払うカウンターすらも猛烈に並んだのだが、それもだいぶ解消されたように見える(このカウンターには、昔、袖の下を要求する怪しからん入国管理官がいた。そのため、その頃はいつもポケットに、10ドル札を余分に入れていた)。バッゲージを受け取り、スカイトレインに乗ってターミナル3へ移動。
出発ロビーに着いたら、すでにチェックインは済んでいるので、バッゲージのドロップインだけ。手荷物検査場もさして混雑はしていないので、17時にはもう出発エリア。乗り継ぎのGA246便は19時35分発なので、時間はたっぷりある。とりあえず、一つ下のフロアに下りる。
時間はあるし、それなりに腹も空いているので、何処かに入ろうかと店を物色するが、がっつり喰う店というのは意外に少なくて、ほぼみんな、軽食の店か、カフェ。それじゃあ仕方がない、麺にしようかと目についた紅糖(Hong Tang)という店にした。客はちらほら。店員に、鶏そばと飲み物のセット(たしかIDR100,000ぐらい)を注文。出てきた鶏そばは、スープが白濁している。鶏ガラで白濁することはないだろうし、まさか豚骨が入っていることもないだろうから、これはもしかしてココナッツミルクかも知れんと呑んでみる。結構美味いが、ココナッツミルクかどうかはよく判らない。もしかして、牛乳か豆乳だったのかも知れない。

DSC_0033

DSC_0036

DSC_0038

DSC_0039