スマランに泊まった翌日は、もう帰るだけだが、せっかくの日曜日なので、ちょっとランチして帰ることに。でもその前に念のためスーパー(HYPERMART)に寄って、もしかしてアルコールを置いていないかと店内を確認。でもやっぱり、見つからず。他に買いたいものも無いが、なんとなく紅茶(SARAWANGI TB50 ASLI(IDR9,700≒78円))と乾麺(SUPERMIE AYAM BAWANG(IDR2,050≒16円)及びINDOMIE SOTO(IDR2,200≒18円))を購入。
SARAWANGIとは、こちらではポピュラーな紅茶ブランドらしい。しかしティーバック50個入りで78円とは、あまりに安過ぎる気がする。乾麺もひとつ16~18円というのも驚きの激安である。
昼食はローカルフードが苦手な同僚の希望に沿って、同じショッピングモールの中に入っている「丸亀製麺」に入ってみた。まさかスマランで丸亀製麺に入ることになるとは思わなかった。頼んだのは温玉うどん(ON TAMA UDON(IDR42,000≒336円))、トッピングにかき揚げ(KAKIAGE TEMPURA(IDR11,000≒88円))と湯葉揚げ(SKEWERED TOFU ROLL(IDR14,000≒112円))にしてみた。飲み物は、アルコールが無いので冷たいお茶(COLD OCHA(IDR13,000≒104円))を注文。
しめてIDR80,000(≒640円)で、日本で喰うよりはちょっと安いかな、という程度。そんな値段でも、結構ローカルの客が入っている。彼らにとっては、日本人が日本で2,000円ぐらいのランチを喰う感じかも知れぬ、偶にはいいか、って感覚なのか。
肝心の味はと云うと、うどんも揚げ物もまずまず。うどんのコシはやや足りないかも知れないけれど、問題ないレベル(考えてみると、日本で丸亀製麺に入ったことがあったかどうか、記憶が怪しい)。残念ながら、つゆはいまいち。醤油の香りと旨みは感じるがそれだけ。どうやら、旨み調味料がたっぷり入っているようだが、かつおとかこんぶとか、出汁の香りはしなかった。残念。まさか日本じゃ、こんなこと無いと思うけど。

DSC_0101

DSC_0102

DSC_0103