喰い気や呑み気よりも、ギャンブルをこよなく愛する同僚を置いてひとり「ホテル・イビス」に戻る。途中、何処かに寄ろうかと一瞬思ったが、やっぱり独りで夜、バーに入るのはちょっと物悲しいし、オープンバーは暑い。
それともうひとつ、スマホが故障しているままなので、「取材」する気力が沸いてこない。ということで、今夜もコンビニでアルコールを調達して、テレビを見ながら部屋呑みすることにした。こんなシンガポールの夜を二晩も続けたのは、これまで記憶が無い。
セブン・イレブンは到るところにあるので、最寄の店に入って一応、店内をぐるっと物色。この店は、昨日の店よりもアルコール類の販売スペースがずいぶん広い。ビールも何種類かある。つい、プカロンガンとシンガポールを比較してしまう。なんてシンガポールはいいところなんだろう。
ふと気が付いたが、「アンカー」とか「ハイネケン」などのロング缶はSGD6~8(≒490円~650円)ぐらいするのに、「キリン一番絞り」はなんとSGD5.8だった。そんなに日本のビールは人気が無いのかね。でもまあ、それはそれ、小生にとっては願ったり叶ったりの状況、有難く一番安い「キリン一番絞り」をゲットする。つまみはなんでもいいが、とりあえず目に留まった"SUN CHIPS French Onions"(SGD1.85)を買ってみた。
当然ながら、久々に呑んだ「キリン一番絞り」はやっぱり美味い。"SUN CHIPS French Onions"を摘んでみた。袋を見ると、アメリカのブランドらしい。味はまあまあだけれど、ポテトチップもやっぱりカルビーか湖池屋の方が上かなと感じた。

DSC_0051