チャイナタウンから戻って、ホテルで少々読書と昼寝。そんなこんなしているうちにもうパスポートが戻ってくる時間。ロビーで首尾よく受け取った後は、同僚と夕食を取りにいくことにした。行きたい店は、「マリーナベイサンズ」のカジノの中にある店だという。どうも聞いているうちに、シンガポールには長く住んでいた割りに、大して店は知らないようだと気が付く。彼にとって外食は、ギャンブルの付け足しでしか無いらしい。もちろん、小生はそんな世界のことは知らない。「取材」だけを目的に、付いて行くことにした。カジノは、かつてアユラシに連れられて、マカオのカジノを覗いたことがあったが、それ以来である。
数え切れないほどここへ通ったという同僚に連れられて、「マリーナベイサンズ」のカジノに到着。バカラだのルーレットだのスロットだのが並んでいるところの先に、その店はあった。
一人用スチームボートセット(SGD13.8≒1,100円)とウーロン茶(SGD2.0≒160円)を注文。流石に小生はこれにビールも追加した。1/2pint缶でSGD13.5(≒1,080円)もする。スチームボートは、やはり、わざわざ食べにくるシロモノではない。この店を目的にやってくるような輩はいないだろう。カジノの付け足し、スキー場のレストハウス的な店である。
食べるのも忘れてカジノに熱中して大枚稼いだとしたら、わざわざこんなチンケな店で腹を満たすというのも無さそうなので、稼ぎは可も無く不可も無く、でも腹が空いたからちょっと喰おうか、的な位置付けだと思われる。何れにしても、ギャンブラーの気持ちは判らないので、これ以上の妄想は膨らまない。でも少なくとも一回見学すれば十分、もう来ることはないだろう。
淡々と自分の分を喰ったあと、グッドラックと云って同僚と別れる。あとで聞いたところ、同僚は今回、スロットでSGD700も儲けたらしい。但し、その程度では過去の負債は到底クリアできないようである。

DSC_0048

DSC_0047

DSC_0046

DSC_0045

DSC_0044