今日は午後5時にパスポートを受け取るまではフリー。誠に、これ以上無いほど楽な出張なのだが、同僚はパスポートが必要なカジノ以外に興味がないらしく、5時までホテルに籠るとのこと。他にやることはないのか、と云ってみたくもなるが、我が身を振り返ってみても、やはり暑い外を出歩くのは気が進まない。それじゃ、ギャンブラーと変わりがないので、殆ど枯渇したアドレナリンを振り絞って出かけることにした。
チャイナタウンもリトルインディアも行ったことがあるし、オーチャード通りを歩く気にもならず、それならば未だ行ったことがないところにしようと、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ行くことにした。2012年に開園して以来、年間900万人も来園者がある超人気スポットになっているようである。
暫く来ないうちに、地下鉄もいつの間にか増えた。ホテルの最寄のブギス(Bugis)駅からダウンタウン線に乗り、2つ目のベイフロント(Bayfront)駅で下車。
案内板に従い、長い地下通路を渡って地上に出るとそこが「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。噂に聞いた「マリーナ・ベイ・サンズ」は真上に聳えている。SGD28(≒2,270円)を支払えば、ドーム内の植物鑑賞やら空中ウォークウェイを歩けるが、そこまでしなくても公園内は散策できるので、そのままタダでひと巡り。シンガポールには観光するようなところは少なかったが、これでまたひとつ、名所ができたということだろう。当然かもしれないが、ここ、100%人工の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」も国立公園である。
それなりに広くて、見応えもある。でも基本、暑いので優雅に歩くのは難しい。だんだん喉が渇いてきたので、何処かで涼みたい。掲示されている地図を眺めると、いくつか店が点在している。そのなかで、やはりシンガポールらしくフードコートがあったのでいってみる。
店はいくつかあるが、開いていたのは一軒だけ、"ORIENTAL WESTERN BISTRO"という雑駁な名前の店。店内に客は誰もいなかったが、店員はいたので入店。さっそく、Heineken Beer Draft 1/2pint(SGD7.0≒570円)をいただき、グビっと煽る。頭が痛くなるほど冷えていた。

DSC_0008

DSC_0009

DSC_0010

DSC_0011

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0016

DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0023

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0028

"ORIENTAL WESTERN BISTRO"のHP: こちら