「特急りょうもう40号」の車内にいたとき、今日は北千住で降りようか、ならば何処で打ち上げしようかという話になり、とりあえずスマホで候補店をいくつか検索したのち、順番に電話をしてみる。1軒目の「あさり食堂」は満席ですとのことでさようなら。2軒目「萌蔵」はOKとのことでお世話になります、よかったよかったと、安心して北千住へ向かう。
18時40分到着。場所はいつもの西口の飲み屋横丁。黄昏時なのでまだ酔っ払い客は少なく、ソフトな客引き(勿論ハードな客引きはご法度)人の方が多いくらい。メインの通りから一本西へ入ったところ、「佐留丹」の裏辺りに「萌蔵」はあった。よく見たら「あさり食堂」は同じ並び、もっとよく見たら姉妹店だ。
「萌蔵」は、外から見た感じはちんまりした居酒屋っぽいが、中に入ると古民家風。何処からか、内装材だけを移築したのかどうか判らないが、元々ここが古民家だった訳ではないようだ。この頃、こういう店が流行なのかも知れない。
我々は2階の席らしい。店員に云われて階段を上がってみると、我々のテーブル以外は埋まっている状態。小さい子供を連れて来ている家族連れのテーブルもある。
ここのビールはハートランド(瓶700円税別、以下同様)だ。気に入っているのだが、なかなかお目にかかれない。塩山駅前の「七福」で呑んで以来である。ビールのあとは日本酒。守破離・純米(650円)を注文。出て来た徳利は、何故か雷鳥かペンギンの親子連れの如くスタイリッシュである。
ポテトサラダ(500円)はクリーミー。刺盛二人前(2,000円)は塩で喰うスタイル。牛すじ大根(680円)もさっぱり系。里芋と蛸のやわらか煮(800円)は、ほんとにタコが柔らかい。なかなか料理にもこだわりを感じる。また来てみたいが、その前に次は姉妹店の方か。

DSC09133

DSC09134

DSC09135

DSC09136

DSC09137

DSC09138

DSC09139

DSC09140


DSC09142
DSC09141

DSC09143

DSC09145

DSC09146

DSC09147

DSC09148

DSC09149

DSC09150

DSC09151

萌蔵のHP: こちら