小太郎山の帰り道、今日は日曜日だけど、ちょっとだけ寄っていこうか、3人で立川駅下車。日曜日で入れる呑み屋は少ないが、あまりふらふら歩き回りたくないので、最も手近な「玉河」を覗いてみる。頼むから、空いていてくれっ!と祈って入ってみると、意外や意外、客は半分ぐらいしかいなかった。日曜日の夕方って、こんなもんだったっけ?
いつも一杯な小上がりだって空いていた。こんな機会はめったにないと思うので、上がってみたい気もしたが、上がると腰を落ち着けてしまう。ちょっとだけのつもりなので、心を鬼にして泣く泣く諦めた。ほぼ3年ぶりの入店(前回はこちら)。やっぱり前回も日曜日で、白駒池キャンプ場でテント泊した翌日だった。気が付かないうちに「玉河」は、中央線を使った遠征(?)の打ち上げに相応しい店として定着しつつあるようだ。
またまた喉が渇いたので、瓶ビール(560円税込、以下同様)で乾杯。その後は、デュワーズハイボール(390円)を呑む。どうしても暑くなると炭酸系になる。
料理は、もろキュー(400円)とキクラゲの卵炒め(490円)にした。特に、この店のキクラゲの卵炒めは美味いと思う。他にも色々試したい料理はあるが今日は残念ながらここまで。「玉河」はこの頃、だいたいいつもこんな感じ。
偶には予約して、小上がりで徹底的に飲んで喰って見たい気もする。予約しないとなると、ここは午前11時開店のはずだから、まともな山の帰りにはちと難しい。朝、登山口まで行ってみたが、突然の土砂降りでどうにもならず、敗退して立川に帰ってきたらまだ午前11時、という場合がもしあったならば、迷わず「玉河」を目指してみよう。

DSC09055

DSC09056

DSC09057

DSC09058

DSC09059

DSC09060