塩山駅で「四季島」に遭遇するという僥倖に恵まれた後、いつもの「ホリデー快速ビューやまなし号」に乗車。「ホリデー快速ビューやまなし号」に使われている215系は、中央線各駅停車の211系車両に較べればそれなりにハイグレードなのだが、ついさっき「四季島」の10両編成で定員34名という超ハイソ列車を見てしまうと、どうにもチープ感は否めない。云わばファーストクラスの席を見た後に、LCCの格安座席に座る以上のギャップは感じてしまうので、「ホリデー快速ビューやまなし号」を待つウキウキ感は少々萎んでしまう。
夢うつつからなんとか魔法が解けたところで、現実世界の「ホリデー快速ビューやまなし号」に乗車。ボックス席を通路の両サイドで確保したいがために、今日も平屋階の席を確保できた。ささやかな幸せ。「四季島」に触発されて、せめて780円を支払ってグリーン車でも奮発しようか、とならなかったところが、我ながらエラい。
呑みかけの日本酒ボトルを取り出し、乾き物も出して、ちびちびやる。「四季島」はそろそろディナーの時間だろうか・・・。今日は、雨が降らなかっただけでも儲けものだったはずだが、もうそんなことはすっかり忘れ、勝沼ぶどう郷駅からの眺めで、白根三山が見えないのは残念だと感じてしまう。
甲斐大和駅でまたしばらく停車。ホームには誰もいなかった。さて、立川に着いたら何処へいくか、そろそろ考えるとするか。

DSC08944

DSC08945