JR松田駅から特急「ふじさん6号」に乗車。もうネットでチケットレス特急券は購入済みなので、SUICAのチェックだけを駅員に頼む。これだけだとほんの数秒で済むので、もうどんな駅員だろうがパニクるはずも無し。便利なはずなのに、何だか楽しみが減ったような変な気分。
特急「ふじさん」はこれが2回目。「あさぎり」時代から通算すれば、もうかれこれ11回目にもなる。もうそろそろJR東海からお中元が届いてもいい頃だ。今日も松田駅から乗り込む客はほぼ我々だけ。
せっかくインバウンド需要を当て込んでわざわざネーミングまで変えたのに、今のところは空振り状態のようである。そのうちにヒットが出るようになるのだろうか。車内は殆どガラガラなのだが、我々のすぐ前の席に、御殿場から乗ってきたと思しき中国系観光客が3人座っていた。
しかし、車掌がやってきて何やらやりとりが続く。どうやら指定席券を買わずに乗ってきたようである。御殿場駅だったらそのまま乗車できるのだろう。しかし、彼らを見て思うのは、少なくとも、この「ふじさん6号」は全車自由席にしても良いのではなかろうかと。どうせガラガラなんだし。
この列車限定としたり、自由席にした分、特急料金を安くすべきかどうかは、議論が必要かもしれないし、現実にはなかなか難しいところかも知れないが、インバウンドにはその方が好都合ではなかろうか。いっそ、特急「ふじさん」全部、自由席にしても良いかも知れない。じゃなけりゃ、ネット予約専用列車にするとか。
もちろん、その場合には英語ポータルも必要だ。そこで思い出したのだが、JR東海及び小田急に云いたいのだが、ネットから座席を選べるように出来ませんかね?ついでに、行先も座席毎に選べるように。改札口でのハプニングあるいはドラマが、もう二度と見られないのはかなり残念だけど、そうすりゃ、もう、松田駅にぼんくらおもしろ駅員(失礼!)を配置することも要らない訳だ。善処願いたい。

59 特急ふじさんで新宿へ。

DSC08302

DSC08303