道志側から加入道山に登るとなると、「道志の湯」の先からアプローチするのが一般的だが(三年前の二月にもトレース済⇒記録はこちら)、またそれでは面白くないので、今回は「ネイチャーランド・オム・キャンプ場」から登ることにした。その後は長駆、畦ヶ丸まで稜線を辿るつもりだった。
ところが、往路の藤野タクシーが予定の一時間後でないと手配できなくなり(先客が青根までとのこと)、さらにはタクシーを下りた場所が登山口と離れていて、ちゃんとした踏み跡を探すのに少々手間取ったせいで、前大室に辿り着いた時点で「こりゃ、予定通りのトレースは難しい」と判断し、素直に白石峠から下りることにした(山の記録はこちら)。
そうなると、西丹沢ビジターセンター発のバス発車時刻まで、随分余裕ができそうだと予測できたので、とりあえず「ウェル・キャンプ場」にある風呂で汗を流そうということにした。ここは二回目(前回はこちら)。
受付で、540円を支払った後、前回はバスの時間が迫っていたせいで、慌ただしく入って女子連のクレームが出たけれど、今日は心ゆくまで浸かって下さいと云い残し、男風呂へ。先客はゼロ。まだ午後二時なので、キャンプ場にやってきた家族連れは遊ぶのに忙しい時間帯なのだろう。ひと仕事終えた我々は、ありがたく一番風呂に入らせていただく。内風呂もあるけれど、天気が良ければやっぱり露天風呂が良い。
風呂上がりは、すぐ目の前にある売店で缶ビールを買って呑むのも捨て難いが、まだ20分近く歩かなくてはならない。やっぱりバス停に近い、もうひとつの売店まで移動してから缶ビールをゲット(Woodyさんはアイスクリーム)。売店の外にあるテーブル席を占拠して、暫しまったりする。風呂上がりに、風が爽やか。このひとときが堪らなく良い。もっとぼーっとしていたいが、バスの時間が迫ってきたので、やむなく腰を上げることにした。

47 ウェルキャンプ場で一杯。

48 しばし、まったり。

49 さてバス停へ移動するか。