海老名乗り換えのWoodyさんや、町田乗り換えのアニー、登戸乗り換えののりちゃんは、小田急線の急行で帰るので松田駅ホームでお別れ。
一方、我々新宿組は、「あさぎり」から「ふじさん」に変わったタイミングで、いままで愛用していた18時23分発「あさぎり6号」の代わりに19時14分発「ふじさん6号」となったおかげで、まだ1時間近くあるので、(それだけあれば、急行で帰った方がいいんじゃないの?という意見はさておき)松田駅界隈をぶらぶら店探し。
JR松田駅と小田急新松田駅との間には、それなりに飲食店があるのは判っているが、JR松田駅の北側となると、知っているのは「肉八」ぐらいだ。他にも店が無いかと暫しうろつくが、時間が早いのか、灯りが付いている店が見当たらない。
これじゃあやっぱり、駅の南側へ出るしか無いかなと思いかけていたとき、煌々と光る二つの提灯を発見。近寄ってみれば「おかだ」と書かれており、どうやら居酒屋だ。ありがたや、ありがたやと思いながら入店。奥にカウンター席があり、手前には誰も座っていないテーブル席がいくつか並んでいる。窓際のテーブル席を確保。
とりあえず、また喉が乾いてしまったので生ビール(650円税込、以下同様)を注文。メニューを眺めると、結構、料理が豊富だ。さすがに「ポッポ駅前屋」を出たばかりなので腹はほぼ満杯。(お通しも出て来たので)なにか一品だけ頼んでみようと、目に留まったのがきのこ餃子(580円)だ。
きのこをメインにした餃子はたぶん、食べたことが無い。ほどなく出て来た焼き餃子は、見た感じは全く普通だが、味は確かにちょっと変わっていて、これはこれで美味い。何処が?と問われると難しいが、一般的な豚肉とキャベツ又は白菜が主体の餃子とは違う。
店を出るときにカウンター席に座っていた店主(?店主がカウンター席に座っているのも変だが?)曰く、ハナイグチというきのこが入っているとのこと。初めて聞く名前だが、結構ポピュラーらしい。勉強になった。また特急待ち時間にこの店に寄ってみたい。

DSC08291

DSC08292

DSC08293

DSC08295

DSC08296

DSC08297

DSC08298

DSC08299

旬彩居酒屋おかだのHP: こちら