吾妻連峰GW山行も概ね滞りなく終了した帰り道、未だゴールデンウィークも前半、明日も休みなので、やっぱり大宮で途中下車。この頃あまり事前リサーチは行わずに、ほぼ気紛れ的に大宮へやってきてオンサイトで思案。さて今宵は何処へ向かおうかと少々考えを廻らせ、前から少々気になっていた「井の壱」に行ってみたが、残念ながら今日は休み。
仕方がないと、南銀方面へ戻る。途中、路地裏にあった「多万里食堂」がやたらに渋くて気になったが、ちょっと気後れして素通り。南銀通りの雑居ビルに入る。ここには「三悟晶」という昭和的大衆居酒屋があるし、その斜向かいにこれも以前入ったことがある「ほっかいや」という居酒屋がある。しかし今回の目当ては一番手前の「北海」という居酒屋。「ほっかいや」と紛らわしいが、たぶん別の店。
群青色の巨大看板が少々ケバケバしいが、中へ入ると全くの居酒屋。店内はかなり明るいし、かなり広い。その分、店員も多いが、まだ客は少なく、従業員の数と変わらない感じ。しかし、我々の後からは次々と客がやってきてそのうちにテーブル席はほぼ埋まった感じ。たぶんここは人気店なのだ。
Tシャツ姿の店員はきびきびしていて小気味いい。よく見ると、日本人でも中国人でも韓国人でも無さそうな若者も交じっている。ベトナム人かミャンマー人か。
ともかく生ビール(650円税別、以下同様)を呑んだ後、日本酒を追加。頼んだのは埼玉・上尾の地酒「文楽・純米吟醸」(2合800円)。突き出しは、アジの南蛮漬けと冷奴ともろきゅうがセットで出て来る。これだけで十分という輩もいるはずだ。壁に掛かった短冊メニューを眺めると、とにかく魚が多い。
ほっき貝(750円)、ホウボウ塩焼き(???円)、自家製クリームコロッケ(380円)を頼んでみる。場末の居酒屋と較べると値段はやや割高なのだろうが、ネタは豊富だし新鮮な感じがする。大宮で魚を肴に一杯やりたくなったらこの店が良さそうだ。そういえば、奥の「ほっかいや」だって魚が美味かった。やっぱり関係があるのだろうか?

DSC08171

DSC08172

DSC08174

DSC08173

DSC08175

DSC08176

DSC08177