「ぶなの湯」でちょっとのんびりしたら、中川バス停まで徒歩移動。毎度感じることだが、ちょっとビールが入っただけでも、この坂を上がるのは結構骨が折れる。路線バスが「ぶなの湯」まで寄り道してくれると、とても助かるんだが。是非、山北町の町議会かなんかで取り上げてくれないものか。
中川バス停には既に数人が並んでいたが、ふと眼をやると空のバスがバス停のすぐ手前で待機していた。ということは、ここ始発の臨時が出るということのようだ。目論見通り、定時よりもちょっと早めにバスに乗車した。
この先、途中のバス停からは、ミツバ岳に登ったであろうハイカー達が次々に乗って来て、車内は忽ち満員御礼状態になる。我々はすでに汗を流してさっぱりしていて、かつビールも呑んでまったりできていて、しかも座って移動できるのに対して、皆さんはたっぷりミツマタを楽しんだだろうが、風呂もビールもお預け状態で、暫くは立ったまま押しくらまんじゅうをしなければならない。お気の毒にと思いつつ、我がプランが如何に的を射ていたかとちょっぴり自画自賛。
山北駅で下車。そのまま「ポッポ駅前屋」になだれ込む。これでたぶん、10回目の訪問。4年間で10回とはなかなかの頻度、もう常連と呼ばれても良さそうだ。別に飽きた訳でもないが、今日は谷峨駅前の「一休食堂」か、松田駅前の「若松食堂」にでも入ろうかと思っていた。しかし、今回が初めてだという参加者が二人いたので、やっぱり「ポッポ駅前屋」となった次第。
いつもの通りこの店の定番、天ぷらなどを頼んだが、今日は天然(野生ってことか?)のシイタケがありますとのことだったので、頼んでみた。栽培したものとの違いはいまいちよく判らないものの、何となく得した気分。この店は、時々思いもかけない料理が出て来ることがある。勿論、また次回も楽しみだ。

DSC07550

DSC07551

DSC07552

DSC07553

DSC07554

DSC07555

DSC07556

DSC07557

DSC07558

DSC07559

DSC07560

DSC07561

DSC07562

DSC07563

DSC07564

DSC07565

DSC07566