ほぼ1年ぶりに西丹沢へやってきた。今回の山の目的は毎度おなじみ、ミツマタ鑑賞。ミツマタを求めて丹沢にやってくるのは、いつのまにかもう9年目だ(個人的には途中、3回は海外出張のため不参加)。そういえば、この頃はもっぱら西丹沢ばかり。東丹沢はやはり人が多い(ついでにヤマビルも多い)せいで、冬季以外はどうも食指が動かない。
今回は屏風岩山の東尾根を登り、南東尾根を下ることにした。どちらも所謂バリエーション。初めて登るバリエーションの尾根は、尾根に上がるまではそれなりに快い緊張感がある。尾根に上がれば、もうあとは黙々と登り、自然に身を委ねるだけ。一方、バリエーションの尾根を下るのは、車道に出るまで緊張感が持続する。自然に身を委ねるというより、自然に対峙する感じか。歩いている最中は、誰かが滑っただの転んだだの、与太話なんぞ雑音でしか無い。
今回も、首尾良く満開のミツマタに出会うことが出来た(山とミツマタの記録はこちら)。しかも、我々だけが独占する花園(ってか、この頃はほぼ毎年そんな状態である)。ミツバ岳自体悪くは無いが、この頃は中高年ハイカーが大挙して押し寄せているようで(往路の満員のバスは、ミツバ岳最寄りの浅瀬入口BSで、我々を除いて殆ど下車)、とてもじゃないが、そんなところへ割り込む気にならない。
南東尾根を下りると、中川BSが丁度、目の前。「ぶなの湯」も、橅ノ平から下りて来た1年前以来(前回はこちら)。この時も山から下りてきたらそのまま「ぶなの湯」、水平移動が殆ど無いのは極めて気持ちがイイ。
まだ2時前のせいかも知れないが、風呂場はかなり空いている。露天風呂も空いているが、窓が大きいので内湯でもそれなりに開放感はある。さっぱりしたら、缶ビールを買って2階の休憩室へ。休憩室の方が人が多いくらいだが、それでもゆったり。ミツバ岳目当てのバス利用登山客は、こちらまでやって来ないだろう。ちょっとだけ得した気分。来年も、ミツマタの咲く頃に来ることになるかも知れない。そのためにはまた、人知れず咲くミツマタの群生地を探しておかねばなるまい。
17 ミツマタその6。

18 奥の山は箒沢権現山。

48 またまたミツマタ群生。

64 ミツマタその24。

DSC07546

DSCF3046

DSC07547

20180324_135616 (1)

DSC07548

DSC07549