水澤観音前「清水屋」でうどんを手繰った後、店でタクシーを呼んでもらい、渋川駅に向かう。やってきた電車は高崎駅止まり。ここから新幹線という手もあるが、まだ時間は早いし、車内で呑むことはオヤジ五人衆の目的でもあるので、在来線の選択に誰も異存は無い。こういう話は実に早い。
丁度良いタイミングで、14時14分高崎駅始発の小田原行き湘南新宿ラインがある。これだと大宮着は15時26分。1時間強は、呑み鉄には物足りないぐらいである。
乗り鉄でもある蕎麦好きおやじさんは、ここでグリーン車に乗ることを主張。グリーン券をホームの券売機で買うと、51km以上は(高崎~大宮間は74.7km)、平日だったら980円するが、休日は780円と、200円もお得だ、と仰る(うっかり車内で買うと、休日でも1,040円する)。
さすがは乗り鉄、JRの料金体系を良くご存じだ。つまり、このままもし終点の小田原まで乗っても、グリーン料金は780円のままという訳だ。折角だからこのまま小田原まで行って、ついでに熱海でもう一泊するか、などという軽口も出る。
もう一つ、蕎麦好きおやじさんが主張するのは、2階席は混むので酔っ払いは白い目で見られる、1階と2階に分かれていない部分(平屋階)の席が狙い目だ、と。さもありなん、とこれも意見が一致。目論見通りの席を確保し、残っていた酒やつまみを取り出す。
ふと、ホームの反対側を見ると、なにやら電車に撮り鉄が群がっている。よくよく見れば、今日は奇しくも115系のさよなら運転の日で、その車両が今まさに発車しようとしているところだった(例えば、日経の記事はこちら)。

20180321_131325

20180321_131704

20180321_141505