日白山にガッツリ登った翌日は、また別の山に登ろうという意見は特に出ないため、然らばちょっと観光してランチをして帰るということになる。朝一番の路線バスに乗り、終点の越後湯沢駅で下車。とりあえず荷物をコインロッカーに預けて、帰りの指定券も取ってからさて、何処へ行こうか。
・・・というほど話し合うこともなく、手近な「ぽんしゅ館」に寄ることとなった。もうやっているのかと少々危ぶんだものの、ここの開店時間は午前9時、杞憂に終わった。それでも中に入ると、客は殆どいない。ほぼ我々4人の貸切状態、こんなにも空いているぽんしゅ館は初めてだ。さすがに9時から呑もうという輩は少ないということか。でも我々は、こんなにも広々としたところで、心置きなく酒を選べる幸せを味わう。これからは、ここへ来るのは朝に限る!と理解した。
ほぼ1年ぶりに来たせいか、呑んだことがない日本酒ばかりズラリと並んでいるような気がする。ともかく、500円を支払ってコイン5個を手に入れたら、どれにしようかとあれこれ悩む。先ず目に付いたのは、高千代の「うまい助」純米生原酒。春限定で、越後湯沢限定販売酒とのこと、こういうセリフに弱い。呑んでみると、もちろんフレッシュ感もあるが、高千代らしくなくマイルド、そして純米原酒らしく、結構深い。気に入った。
次に選んだのは高の井の「田友」特別純米酒。燗酒が美味い、と書いてある。見渡すと、セルフ燗付け器があった。湯豆腐を掬い上げるような道具に猪口を乗せ、燗をつける仕組み。2分ぐらい待つと、40℃になるようになっている。いい感じになったところでグイっとやってみる。ちょうどいい感じ。あー、炙ったスルメイカが欲しい。

DSC07480

DSC07470

DSC07472

DSC07471

DSC07474

DSC07475

DSC07476

DSC07477

DSC07478

DSC07479