蕎遊庵で蕎麦を手繰った後のこと、そのすぐ近所に銭湯「花の湯」があるのだが、開店は14時とのことで、まだ1時間ある(大月「よしの湯」だったら、たぶん大丈夫だった。隣りの自宅に押しかけて、早く開けてもらったことすらある)。それならばこの時間を利用してちょっと観光しようかと、鑁阿寺(ばんなじ)へ向かう。
鑁阿寺の「鑁」という21画の漢字は、この寺の名前以外でまずお目にかかることは無い(と云いつつググってみると、赤坂に「VAN鑁」という名のレストランがあった)。よくもこんな漢字を使ったものだ。本堂は国宝とのこと。立派なことはよく判るが、隣りのイチョウの木もかなり立派。枝だけで芽吹きは未だだが、それでも十分見応えがある。以前、紅葉の頃に来たが、それは壮観だった。
鑁阿寺の境内には茶屋がある。名前は鑁阿寺らしく「大日茶屋」。ここでビールでも呑もうかと寄ってみると、足利シュウマイ(蒸し)(160円/2個)の看板が掲げられている。「ソースで食べる白いシュウマイ」とあるので興味が湧いた。崎陽軒のシュウマイは、店頭販売で6個入り300円だから、それに較べると、店内で食べさせるにしても2個で160円、1個80円というのはちょっと割高な感じもするが、せっかくなので喰ってみた。
店内は何となく暗い感じなので、屋外のテーブルに座る。齧ってみると、確かに中も白い。玉ねぎが入っているようで、仄かに甘く感じる。中身は玉ねぎだけ?と思って調べると、ぷりぷり感を出しているのは片栗粉らしい。が、何れにせよ肉が一切入っていないので、1個80円は一層高い感じがしてくる。それでも、ここ足利のB級グルメに出会うことが出来たのは、何となくうれしい。それで納得するとしよう。

DSC07311

DSC07312

DSC07313

DSC07314

DSC07315

DSC07316

DSC07319

DSC07318

DSC07317

DSC07320