今回の山は行道山。「特急りょうもう」で東武足利市駅に到着、乗り換え時間は僅か1分。直ぐさまバス停へ急ぐが、行道山行「あしバス」は見当たらず。ふと見ると、丁字路を右に曲がろうとしているバスの後姿。時計を見ると8時11分。電車が1分遅れたのか。バスは8時10分発なので、確かに発車していても不思議は無いが、電車が遅れたことはバスの運転手も気が付いていた筈。時間に厳格というより、何も考えていないのだろう。そもそも、乗り換え時間が1分しか無いバスダイヤも如何なものか。
やむを得ず、タクシーに乗る。道々、タクシー運転手に愚痴をこぼすと、バスの運行には市から補助金が出ているし、客を乗せなくってもバス運転手の給料に影響は無いので、何も考えずに走らせるだけなのさ、と慰められる。
その後、とりあえず予定通りに行道山から両崖山まで歩く(山の記録はこちら)。両崖山山頂には、地元の方々が散歩がてら、やってきている。なおちゃんが、そのおばちゃんたちに朝のバスの仕業について紹介すると、口々に「まー、ひどいわねー!」、「云いつけてやるわ!」などと仰る。是非、足利市議会に云いつけていただきたい。
織姫神社脇に建つと、足利市街の眺めが良い。そんな眺めが良い境内の脇に「蕎遊庵」がある。これほど眺望が利く蕎麦屋も珍しい。人気のある店なので、入れるかどうか危ぶんでいたが、すんなり入れた。この店は蕎麦打ち教室をやっているせいか、店内のそこかしこに、蕎麦を捏ねる木鉢が積み重ねられている。
さっそくビール(中瓶600円)をいただく。ビールが一段と美味い季節になって来た。料理は、身欠きにしん(350円)と豚だいこん(350円)をもらう。豚だいこんは、わっぱというか、小さなお櫃に入って出て来る。味が染み込んでいて実に美味い。そして締めはせいろ(600円)。香り、喉ごし、歯触りとも申し分なし。山から下りた、直ぐのところにこんな店がある僥倖を存分に味わった。これで「あしバス」に冷たくあしらわれた気分も多少晴れた。

DSC07293

DSC07294

DSC07308

DSC07295

DSC07305

DSCF2871

DSC07296

DSC07297

DSC07301

DSC07302

DSC07303

DSC07304

DSC07307

DSC07309

DSCF2870