翌日もそれなりに良い天気になった。(ロープウェイを使って)北横岳でも登ろうかという話も出たが、既に昨日、蓼科山に登頂できたので基本的には十分満足、やっぱり今日は観光ということで話しは落ち着く。観光となれば、諏訪に出たいところ。女神湖から直接、諏訪に向かうバスは無いが、白樺湖からは茅野駅行きのバスがあるので、白樺湖東BSまでの移動にタクシーを呼んだ。
茅野駅に着いたら、とりあえず帰りの「あずさ」の指定席をおさえ、リュックサックをコインロッカーにデポ。で、観光モードに突入。この先は基本的に女子にお任せ。ひろちゃんが「諏訪大社の御朱印が欲しい」とのことだったので(御朱印帳を持参していたので)、諏訪大社上社本宮へ行くことになった。
実は小生、諏訪大社参拝は初めてである。従って、諏訪大社のことは全く疎かったが、今回、諏訪大社には「上社」と「下社」があって、さらに「上社」は「本宮」と「前宮」、「下社」は「春宮」と「秋宮」の、4つで構成されていると知った。「本宮」と「奥宮」の二社や、「上社」、「中社」、「下社」の三社スタイルはよくあるが、四社は珍しいのではないだろうか。ちなみに先日行った戸隠神社は、「宝光社」、「火之御子社」、「中社」、「九頭龍社」、「奥社」の五社と、さらに珍しい。
ここ「本宮」の御神体は、裏山にあたる守屋山とのこと。20年以上前に登ったことがあるが、そうとは知らなかった。鳥居の前に建つと、やっぱり立派な神社だと感じる。辺りの木々はどれも樹齢ン百年という感じで荘厳な境内。噂に聞いた御柱も、どーんと立っている。拝殿では丁度結婚式をやっていたようで、神主や巫女の姿も見掛けた。
めでたく御朱印を貰い、参拝を済ませたら、タクシー待ちのためちょっと休憩。上手い具合に、参道脇に「宮町通り社乃風」という門前街があり、その一角に「大商」という茶屋があった。五平餅や甘栗、玉こんにゃく等、素朴な食べ物を売っている店だが、奥にテーブル席がいくつかある。まだ午前中だが、もつ煮があったので、カップ酒で一杯やった。寒空にしみる。酒の銘柄は地酒「神渡」、呑み飽きない昔風の酒だ。

DSC07084

DSC07086

DSC07087

DSC07088

DSCF2642

DSC07089

DSCF2643

DSCF2644

DSC07091

DSC07092

DSC07093

DSCF2646

DSC07094

DSC07095

DSC07096

DSC07097

DSC07098

DSC07099