例年だと、2月に入ってから(昨年は3月になってから)初詣を兼ねて高尾山薬王院へ護摩法要に行くのだが、今年はテキサスから帰ってきたばかりで休みが取り易い状況だったので、成人の日三連休の後にもかかわらず、年休を取って水曜日に出掛けることにした。
武蔵野線の通勤ラッシュに巻き込まれたくないので、朝食を食べずにちょいと早めに家を出て、府中本町駅ナカの「BECK'S」で朝食。コールスローサンドのモーニングセット(500円)を注文。意外と、コールスローサンドが美味い。ひと心地着いたら、京王線に乗って高尾山口へ。
時間が無いと山頂は端折ることもあるが、基本的には登ることにしている。今回は、久しぶりに稲荷山コースをチョイス。流石に今日は平日なので、人出は少ない。偶々、若い(と云ってもたぶん30代半ば)女性二人組と抜きつ抜かれつが(彼女らは歩くと早いが、休む頻度が多い、つまりウサギなのに対して、我々はカメの如く休まずに登り、結局我々の方が多少早く)山頂まで続いた。
今日は天気が良いので、山頂からの眺めは申し分ない。もちろん、富士山も良く見えている。眺望を確認した後は、ひと休みしたいところ。最も近い「曙亭」と、三角点に最寄りの「大見晴亭」は開いていない。って云うか、この頃開いているのを見たことが無い。毎度時間が早過ぎるのだ。薬王院での護摩はいつも11時を予定しているので、開店が10時というのは我々には余り役立たない。そこで昨年と同様、ちょっと下にある「やまびこ茶屋」に入ることにした。
先客はひと組4名のみ。ここで余り喰う訳に行かないが、単にビールだけでは口寂しいので、おでん(550円)と山菜盛り合わせ(650円)を注文。ここには他に、やきとりや枝豆、冷奴もあって、一杯やるには何とかなる。かつてはこの店だけでなく、たいていの茶屋では蕎麦以外には、みそおでん(こんにゃく)ぐらいしか置いてなかった。それだけで一杯やるのは辛かった。つくづく良い時代になったと思う。缶ビール1本だけじゃちょっと物足りなかったので、もう少しのんびりしようと、ビールを追加した。

DSC06806

DSC06807

DSC06808

DSC06809

DSC06810

DSC06811

DSC06812

DSC06813

DSC06815

DSC06816

DSC06817