アラサー同行者とアラフィー同行者は二日酔いで具合が悪く、どちらもチェックアウト時間ぎりぎりまで、ベッドの中にいたいとのことのようだったので(どうしてそこまで呑むかね)、正常な小生とアラフォー同行者(実はアルコールは呑まないひと)は、それぞれ自由行動で街に繰り出した。
今日も朝からいい天気。まだ午前9時だが、フレンチクォーターには多くの観光客が彷徨いている。セントルイス大聖堂前の広場にはもう、似顔絵書き、単なるなんちゃって絵画売り、大道芸人やミュージシャンが準備を始めていて、音合わせなどをやっている。
小生も、広場のベンチに座り、ちょっと読書。暑からず寒からず、いい具合だ。そのうちにだいぶ人が集まりだし、大道芸人がなにか始めたので、落ち着いていられず退散する。ジャクソン・スクエアを通り抜けてディケイター・ストリートに出ると、目の前のカフェ・ドゥ・モンドは既に客で満員状態。もちろんドーナッツもどきには興味はないが、カフェで本を読むのは悪くない。カフェ・ドゥ・モンドでなくてもいいから何処かへ入ろうと、店を物色。
この辺りは市場が並んでいる。そこで目に留まったのは、その名も"マーケット・カフェ(Market Cafe)"という店。かなり客が入っているものの、いくつかテーブルは空いている。ひとりで入るにも抵抗が無い感じ。名前は「カフェ」だが、結構、料理メニューもあるし、なんと朝からライブ演奏までやっている。
Po Boyもあるので、試してみたい気もしたが、昼食まで我慢しようかと、代わりにバドワイザー($4ぐらい)を注文。ドラフトビールはあるかと問えば、瓶しかないよ、とウェイター。出てきたバドワイザーは、コップが使い捨てプラスチック。なんとなくマーケット感がある。ここでちびちび、ビールを舐めながらしばし読書に勤しんだ。

20171124_101624

20171124_101858

20171124_102325

20171124_104520

20171124_105325

20171124_105335

20171124_105709

20171124_110414

20171124_110907

Market CaféのHP: こちら