毎年、節分の頃に高尾山薬王院で護摩札をもらうことにしている。今年もなんだかんだで3月になってしまい、行く機会がないまま4月になりそうだったので、平日に休みを取っていくことになった。薬王院へ行くついでに一応、高尾山山頂にも登ることにしているが、平日に高尾山に登るのは随分と久しぶりのような気がする。
3年前は大雪でもなんとか山頂まで踏破(その時のレポはこちら)したものの、一昨年は冷たい雨で山頂断念(その時のレポはこちら)、昨年は薄っすら雪景色だったもののスタート遅く途中断念(その時のレポはこちら)ということで、なかなか山頂までは行けていない。今回は、昨年のリベンジとして6号路を登ることにした。
さすが平日なので、高尾山口駅も、ケーブルカー駅も人影がまばら。午前8時ちょっと前に登り始め、9時5分過ぎぐらいにあっさり山頂到着。眺めは全く無いが、歩くコンディションとしては上々だった。護摩の時間は10時30分なので、まだまだ時間は早い。何処かに入りたいところだが、山頂にある「曙亭」も「大見晴亭」も閉まっていたので(時間が早いせいか、平日のせいか、それとも天気がいまいちのせいか不明)、その直ぐ下にある「やまびこ茶屋」に寄ることにした。
ここに入るのは何十年ぶりかも知れない。窓口でお金を払い、ものを受け取る仕組み。やや冷えるが、やっぱりビールをもらった。しかし、どんなに粘ってもここに1時間は無理。せいぜい30分で出てしまい、意識的にゆっくり歩いても、凡そ15分で薬王院に下ってしまった。このままでは如何にも早過ぎる。何処か開いてないかとうろうろするが、「もみじや」も「権現茶屋」も開店は11時とのこと。結局、薬王院の待合所で30分以上待つことになった。ぜひ高尾山の茶屋は、もうちょっと開店時間を早めていただきたい。

20170313_090830

20170313_090839

20170313_090940

20170313_091100

20170313_091211

20170313_091800

20170313_092035


やまびこ茶屋のHP: こちら