今週末は、「道志の森キャンプ場」を起点に、菰釣山避難小屋から畦ヶ丸を経て西丹沢自然教室まで、かなりマイナーなコースを歩んだ(山の記録はこちら)。マイナーなはずだが、意外に多くのハイカー達と行き交った。さすがは丹沢だ。
これで、個人的には三国山稜の南にある須走温泉から、大山の東麓にある広沢寺温泉まで繋がったことになるが、あまりにブツ切りで歩いているので、さしたる達成感は湧いてこない。通しで歩いたら、いったい何日掛かるのだろうか。
善六のタワまで来れば、あとは真っ直ぐに下るだけ。西沢は丸木橋を何度も渡るが、ちゃんと整備されていて何も心配はいらない。そうなると次なる関心は、西丹沢自然教室に下りた後のビール、となる。もう12月なので、だいぶ気温は下がってきているものの、身体が冷えきって無ければそれなりに美味いはず。前回は、歩いて2、3分ほどにあるウェルキャンプ場の売店で、首尾良く缶ビールをゲットできたが、それ以前の、同じ年の2月には、件の売店が何故か閉まっていて、山北まで我慢しなければならなかった(その時の山行記録はこちら)。冬季は、やっていない可能性があるということか。
それでも、やはり淡い期待を胸に、恐る恐る、ウェルキャンプ場の売店へ行ってみると、果たして店は開いていた。店員の女性が、「今は、缶ビールはスーパードライしかないんですけど・・・」と申し訳なさそうに云っていたが、有ると無いとでは大違い、銘柄の問題など無い。有り難く購入。そもそもこの期に及んで「キリンじゃなければ要らない」なんて輩がいるだろうか。
西丹沢自然教室前のベンチに戻り、乾杯。やっぱり、ひと汗かいた後のビールは、冬でも美味い。欲を云えば、ストーブでもあるところで呑みたい感じはある。たまたま今日は、西丹沢自然教室内の部屋で、どこぞの集団(10人くらい)が飲み食いして盛り上がっていた。初めて見る光景。まさか青少年育成の場で、酒は出ていないと思うけど、何かスライドトークでもやった後なのだろうか。

DSC04414

PC171712

DSC04415

DSC04416

DSC04417

DSC04418